<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小田信長と明智光秀に喩えて

またもいやがらせをされ、母に訴えるたろう。
・・・だからそういう事は母ではなく先生に言おうか・・・
母は解決できないからさ(-_-;)

先生に言う時についてきてっていうので、今朝付き添った。

朝私がいるので先生が「なにか?」って顔で近付いてきた。
「またです(^_^;)」と伝えるとすぐ解って下さる先生が好き♪

先生にされたことを訴えるたろう。
・・・された事は些細なことだ・・・私にとっては・・・でもたろうにとっては「やめて」と言っても何回もおんなじようなことを繰り返され、いやだったんだろうな・・・
「う~~ん(^_^;)しょうがないな~。あのね、あの子は4~5歳の子供とおんなじなんだよ。小さい子がしつこく何回もつついてきたりするでしょ。あれとおんなじ。『しょ~がないやつだな~!』って思えると良いんだよね。」と先生。

「やられていやだったら、すぐに言いに来てね。やられた方は忘れないけど、時間が経つとやった方は忘れちゃうんだ。今問題になってるでしょ!?いじめでやられた方は死ぬほど辛かったのに、やった方は『ふざけただけ』とか『ちょっといじっただけ』とか言うでしょ。」

「苛められた方はね、大人になっても忘れないんだよ。大人になって夢で見て眠れなくなったりね。何十年も経って同窓会で相手に話しても『そんなことした?おれ苛めてないよ!』なんて覚えてないの。」

「小田信長と明智光秀もそう。信長がねちねち苛めてて、ずっと我慢してた光秀もとうとう爆発して『敵は本能寺にあり!』ってなったの。でも信長はなんで光秀に狙われたのか最後まで解らなかったんだよ。自分は光秀に酷いことした自覚なんて無いから。だれも信長に『やりすぎです』って忠告出来なかったし。」

「時間が経って注意してもやった側は忘れちゃってるの。やったその場で注意しないとだめなの。先生の見てない所でやるから、言ってくれないと解らないの。だからすぐその時に言ってね。『いました事はいけないことだ!』ってその場で叱るから。」

戦国時代好きのたろうの為に信長vs光秀を喩にするあたりが学校の先生!
光秀の所領での評判とかも交え、ついでに歴史のお勉強(^^)

「あの子が君に絡むのは好きだからだよ。よくいるでしょ~?好きな子を苛めちゃう子!ホントは好きなのに素直になれなくてつい意地悪しちゃうの。大人になって同窓会で久しぶりに会った相手に『じつはあの頃君の事が好きだったんだ!』って告白しても『そんなの解るわけないじゃん!』って言われちゃうんだよね~。」

「いやがらせした時にどうしてそんなことしたのかを聞いて、やり方が間違ってる事を伝えて、どうすればいいのかを教えてあげたいと。」

一番大切なのはどうしたらいいかを教えてあげること。
あきらかに誤学習している人とのかかわり方を修正していくこと。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2012-09-24 11:56 | たろうのこと | Comments(2)

単独登校に向けて

はなちゃん4年生。
登下校ともに送り迎えです。

入学前に学校から届いた入学のしおり(支援級向け)に「原則登下校は保護者同伴」と書いてあったし。
毎朝先生と子供の様子を伝えたり、朝のお支度を見守ったり、帰りは学校での様子を聞いたり、帰りの会に送って行ったり。
(1年の担任に『私は6年生の授業があるから帰りの会には送って行かれないからお母さん送って下さい!』と言われていた。当時は仕方ないと思ったけど、いまはそれってどう?って思う・・・)
1年の後期の面談時に「原則送り迎えですが、お子さんの発達に応じ、おいおい単独の練習をします。」と言われたけど、それっきり単独の話が先生から出ることはありませんでした。

送迎をしているお母さんが5~6人いて、朝からいろいろおしゃべりしたり、時にはそのままファミレスでランチしたり、そんなのも楽しくってずっと送ってた。

でも、いつまでも送迎してるのもどう?って思っていたら、夏休み前の個人面談で先生から
「そろそろはなちゃん単独登校練習しましょうか。」と提案された。
「校外学習の時などもちゃんと道の恥を歩きますし、車や自転車などもちゃんと気をつけますし、信号も守りますし。」

実は以前からはなちゃんに「はなちゃん、そろそろ一人で学校行こうよ?」と言ってたのですが、
「おかあさん いっしょ! いっしょ いくの!!!」と猛反対(^_^;)

「はなにその気が全然なくて・・・」
「はなちゃんの意識をかえるところからしなくちゃいけないですね・・・」と先生。

先ずは朝、教室まで送っていたのを下駄箱までにしてみた。
「今日からお母さんはベタ箱でバイバイします!」と言ったら案外すんなりバイバイをして一人で教室へ。
馴れてきたら校門でバイバイしようと思っています。

帰りはどうするか!
先生は「お母さんが急にお腹痛くなって来られないことにしてみるとか!」などお迎えに遅刻するバージョンを考えてくれたけど、やっぱりはなをだますような事はしたくない。
そんなことしたら翌日から離れなくなっちゃうかもしれないし。
いやいやでもいいから本人が一人で帰る事を納得してから単独下校の練習はしたいと思っている。

帰りに関して一番心配なのは最近続いた女児連れ去り事件!
年間60件くらい起きていて、しかも人目につかない場所ばかりではないとニュースで言っていた。

とてもフレンドリーななはなちゃん。
挨拶して挨拶を返してくれたら、その人は知っている人。その人は良い人。
「知らない人にはついて行かない!」なんて教えたって彼女には理解できない。
何回か挨拶をしたことのある人が「お母さんが待ってるよ!」なんて話しかけたらついて行っちゃうでしょう(-_-;)
親しげに話しながら歩いていたら、周りの人も危ないなんて思わないでしょう。
そんなこと考えたら、心配で単独下校なんてとてもさせられない!

登校は集団登校なので、あまり心配はありません。
なので先ずは単独登校に向けて少しずつですが
練習を始めています。
出来れば4年生のうちに玄関でバイバイ出来るようになるといいのですが・・・(^_^;)

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2012-09-19 09:58 | はなちゃんのこと | Comments(2)

進路どうする?

たろうは来年中学生。

このまま学区の中学の支援級に進むか、発達障害児に支援のある私立に進むか。
悩みます。

学区の中学はこのままみんなで進学するとひとクラス増え、先生が一人増員になるそうです。
今までは全然一般級との交流が無かったらしいのですが、今年度から少しずつ交流が再開されたとのこと。

先日私立中学の説明会に行ってきました。
去年行った時はたろうが学校に行かれていない時期だったので、是非ともこの学校に入れたい!って切実に思いました。
でも今は支援級で落ち着いています。
だったらわざわざ電車で1時間半以上かかる学校に一人で通学させるより、学区の中学に仲の良いお友達みんなと進学した方が楽しいのでは?と思う。
私立のカリキュラムはとても素晴らしく、たろうなりにきちんと学力も伸びるでしょうし、安定した中学生活を送れると思います。

もうちょっと近かったらな・・・今の感想。
多分ギリギリまで悩むんだろうな・・・

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2012-09-17 07:25 | 学校 | Comments(2)

いやがらせの理由

昨日の朝、プレイルームにひとり反省の為移されていた彼。

たろうと私と先生と彼、4人で再度話し合い。

「どうしてたろう君に嫌がらせをしたのか、ちゃんとたろう君に話しなさい。」と先生。
なかなか言葉の出ない彼。
「昨日私に話したでしょ?それをもう一度言いなさい!」と先生に即され小さな声で話しだした。

「たろう君は優しくて、頭が良くて、みんなに人気があって・・・それで・・・うらやましかった・・・」
最後の方は消えそうなくらい小さな声でした。

はなの同級生の彼。
体も大きく知的にも問題なく、支援級のガキ大将。
まさにジャイアンみたい。
自分より学年上の子もいるけどみんな自分より頭悪いし、弱いし、自分が一番!って思ってた。
それが昨年9月末にたろうが支援級に移ってきたら、あっという間にリーダーの座に収まってしまった。
みんなに人気はあるし、先生からの信頼も厚いし。
自分のものだった座をたろうに取られてしまった。
力(暴力)ではどうにもならないもの。

たろうのようになりたい!という憧れと、自分には出来ない事をするたろうへの妬み。

昨日先生はたろうの前(私もいましたが)で彼を叱りつけた。
かなり厳しく。

苛めは絶対に許されない。
みんながいやだって言ったら、君はここにはいられないんだよ。
いじめをする子は学校に来られないように変わったんだよ。
昨日みんなで話し合いをしました。
君の事をどうしようかと。
居なくなって欲しい人!ときいたら誰もいなかった。
A君はいてほしいって言ってくれたよね。友達だからって。
Bちゃんだっていて欲しいって言ってくれたよね。
君にはこんな優しい仲間がいるんだよ。
忘れないでください。
みんなを裏切らないでください。
二度とお友達に嫌な想いをさせるようなことをしないでください。
みんなを裏切ったら君は本当に居る場所が無くなっちゃうんだよ!
その事をよ~く考えて下さい。

神妙な顔をして聞いていた彼。
彼の心に届いたでしょうか。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2012-09-12 10:12 | その他 | Comments(8)