カテゴリ:家族( 11 )

間髪入れずに「お母さん!!」

太郎に花が沖縄行きを嫌がっていることを話した。

「そっか~。
 沖縄じゃなくてもいいけど…
 でもやっぱり(ベイスターズのキャンプ観に)行きたいな~」
「じゃあ花はお留守番するとして、2人で行くとしたら、どっちと行きたい?」
「お母さん!!」

間髪入れずに「お母さん!!」だって(≧▽≦)v
お母さんも
ベイスターズのキャンプ観に行きたい!
だって1年半楽しみにしてたんだもんね!

お父さんに話したら、有給取って花とお留守番してくれるそうです。
家族みんなで行くんでなければ、沖縄に行く気はないんだって。

さて、どうしようかな~
そろそろ予約入れないとホテル取れなくなっちゃうしな。
近々になって「やっぱり行きたい!」とか言われても困るし…
悩むわ…(^^;)

毎日頑張る太郎と花ちゃんに応援のクリックを♪

[PR]

by tarotohanachan | 2018-10-17 11:23 | 家族 | Comments(0)

happy birthday to 私

今日は私の53回目の誕生日です。

53年前、母が私を生んでくれたことに感謝する日です。
お母さんありがとう。


b0148044_20004264.jpg
太郎が初めて自分のお小遣いで私に誕生日プレゼントをくれました。
スモーキーブルーの2wayバッグです。
昨日ひとりでデパートをうろうろしながら一生懸命選んでくれた品です。
とっても嬉しくて、早速持ってお出かけしてきました。

太郎も自分のお小遣いでこんな素敵なプレゼント出来るようになったんだな~って思ったら涙出てきそうになりました。

 何がいいかな~ 傘? 違うか~ う~~ん・・・って結構悩んでバッグにしたんだ!
 この色は?似合わないかな・・・ピンクは・・・違うな~
 お母さんいつもどんな色持ってたかな~って悩んでこれにしたんだ!
そんな風に話してくれました。

私の宝物です。
こんなにうれしい誕生日プレゼントは初めてかも♪

毎日頑張る太郎と花ちゃんに応援のクリックを♪

[PR]

by tarotohanachan | 2018-07-14 20:02 | 家族 | Comments(0)

とうもろこしのせいかも

昨日、一昨日と学校を休んだ花ちゃん。
今日は元気に登校できました!

学校を休むと担任の先生がかならず電話をくださいます。(担任は3人います。)
一昨日の電話は主任の先生。
やっぱり[作業]が原因でしょうね。
作業は担任以外の先生が担当することが多く、その場合担任とほど上手にコミュニケーションがとれず、不安になるのだろう。
少しずつ担任以外の先生との作業にも慣れていって欲しい。
無理のないように進めていきます、とのこと。

昨日は若い女の先生。
花の担当の先生です。
様子はどうですか?
花ちゃんコーン苦手でしたよね。
今日の給食とうもろこしご飯だったんです。
帰りのHLで日直が翌日の給食メニューを読み上げるんですが、花ちゃん昨日お休みだったんで聞いてないんですけど…とのこと。

火曜日は作業が嫌でほぼ間違いないんです。
でも水曜日のいやな理由が見当たらなくて・・・
水曜日は大好きな部活のある日なのに何で休みたいのかわからなくて・・・
給食のとうもろこしご飯のせい?
聞いても答えてくれないし。

コーンパンは「先生 わたしコーンパン 食べません!」って言えるようになったのにね。
応用は出来ないんだね・・・orz・・・

毎日頑張る太郎と花ちゃんに応援のクリックを♪

[PR]

by tarotohanachan | 2018-07-05 14:03 | 家族 | Comments(0)

一緒に出掛けることの難しさ

お父さんが前々から子供たちをパターゴルフに連れていきたいと言っていたので、土曜日に出かけました。

お父さんにとっての本当の目的は近くのミュージアムでやっている[赤絵]の展示会。
実はお父さん赤絵がどんなものかちゃんと理解していたわけではなく、でも子供たちに見せたい!という思いだけで1時間半ほどかかる会社の保養施設まで・・・

土曜日、ちょこちょこ渋滞し、予定より30分遅れて到着。
まずはパターゴルフ。
暑かったけど、木陰があちこちあるのでなんとかなりました。
パターゴルフ自体は楽しく盛り上がったしね。

2ゲームやってお疲れ&腹ペコモードの子供たち。
「さあ!ミュージアムに赤絵を見に行くぞ!」とお父さん。
途端不機嫌になる子供たち・・・
その様子を見て逆ギレするお父さん・・・
両方の御機嫌取りで疲れ果てる私・・・

家族一緒にお出かけすると、時々こんなことがおこるの。
子供たちに○○を見せてやりたい!というお父さんの思い。
全然興味ない子供たち。
興味ないから不機嫌になる子供たちを見て怒っちゃうお父さん。

いろんな経験をさせてやりたい、いろんなものを見せてやりたいというお父さんの気持ちもよくわかる。
でもね、残念ながらお父さんが言い出すことって、子供の興味を引くようなものじゃないんだもの。

それに太郎と花、両方楽しめること自体が少なくなってるし。
家族そろってのお出かけが難しくなってきています。

毎日頑張る太郎と花ちゃんに応援のクリックを♪

[PR]

by tarotohanachan | 2018-07-02 10:44 | 家族 | Comments(0)

お花見を楽しみにしていた花ちゃん

毎年友人たちと家族ぐるみで行うお花見。
去年は雨続きで出来ませんでした。

先日2年ぶりのお花見!
でも今回、どこのおうちもお父さんが参加せず、母8人子供4人(^^;)
人数比がおかしいですね・・・
お子さんをデイに預けたり、お父さんと留守番なんておうちも。
お父さんとお留守番するくらいなら一緒に来たらいいのに~って思いますが、ご家庭の都合はそれぞれなので。

このお花見をものすごく楽しみにしていた花ちゃん。
楽しみにしていた割に・・・
食べるだけ食べて、スマホいじくって、やはり食べるだけ食べたお兄ちゃんと一緒に早々に帰ってしまいました(^^;)
我が子が自宅に帰ったので、私は楽になったけどね。

早々に帰ってしまった理由はきっとよそのお父さんが誰もいないから。
毎年何家族か集まり、ある程度ご飯んを食べたらお父さんたちは子供たちと遊んでくれます。
母たちは・・・根が生えたかのように動かず、飲んで食べてしゃっべって!
よその(自分のお父さんより)若くて元気なお父さんたちに遊んでもらうのが大好きな花ちゃん。
その一番の楽しみが誰も来てないんだものね。
お母さんたちは相変わらず根が生えたまんまだしね(^^;)

どこのお子さんもみんな大きくなり、中には花見なんて行きたくない!と言い出してる子もいて。
いつまで続けられるかな・・・と思いつつ、集まれる人がいる間は続けていきたいな。


毎日頑張る太郎と花ちゃんに応援のクリックを♪

[PR]

by tarotohanachan | 2018-04-03 07:46 | 家族 | Comments(0)

放課後等児童デイでもうまくいっていない

あんなに大好きだった放課後等児童デイ。
もちろん今でも好きなんだけど、行きたくない曜日があるようです。

本来花は月・水・金・隔週土。
土曜日はお出かけプログラムでいつもいろんなところへ連れて行ってくださるので、花も楽しみにしていて、翌月の予定表が出ると予定を確認し、「〇日と〇日行きたい!」とリクエストするほど。
それなのに今月に入り「お出かけ無理。土曜日行かない!」と急に言い出しました。

去年12月崩れて以降、月曜日を休みたがることが多いなとは思っていました。
それでも2月までは土曜日喜んでお出かけしていたのに。

デイの責任者の方に最近の様子を伺いつつ、相談している中でわかったのは、児童デイでも女の子たちとうまく遊べていないようで、うまく絡めない子たちの多くいる曜日に行きたくないのかな、ということ。

花の通っている児童デイは作業系のデイで、全体的に軽度~境界域のお子さんの利用が多いところです。
そのデイが出来た頃は、重度~軽度までいろんなお子さんいたんですけど、新しく入ってくるお子さんはほぼ軽度~境界域。
もうね、軽度~境界域の女の子なんて健常の中学生の会話とたいして変わらないから。
花にはまるでついていかれない。
火・木は全体の人数が少なく大人しいお子さんばかりらしく、最近火・木ばかり行きたがります。

責任者と相談の結果、とりあえず中学を卒業したばかりだし、高校に入学してどうなるかわからないので、しばらくは契約変更はせず、様子を見ることになりました。

ほかのデイを探してあげた方がいいのかなと思ったりもしましたが、花は今のデイの作業は大好きだと言っています。
スタッフの方たちも大好き。
たぶん辛いのは何人かの子。
ひとりひとりは大丈夫でも何人かまとまると辛いのかも。
むずかしいな。

毎日頑張る太郎と花ちゃんに応援のクリックを♪

[PR]

by tarotohanachan | 2018-03-11 15:00 | 家族 | Comments(0)

やっぱり交流級に花の席は無かった

さっき一緒に登校し、交流級確認してきました。
やっぱり交流級に花ちゃんの席はありませんでした。

交流担任が来るまでの間、廊下で悲しいのと悔しいのと、イライラしながら教室の中の花を見守っていました。
すると、自分でどこかから机を運んできて、たぶん去年その位置が自分の席であったろう場所に横の机を一生懸命押して空間を作り、なんとか置いていました。
次は椅子。
自分で自分の席を作っている花を見てたらけなげで泣けてきた。

やっと交流担任が現れたので、吠えて訴えてきました。
(怒鳴ってませんよ!冷静に話してきましたから!)
 昨日花から席が無いと聞いて驚いたこと
 今日は用意されているかと思ったら、やっぱりなかったこと
 花は自力で自分の席を作ったこと
 その姿を見て、けなげて悲しくなったこと
 etc.

先生、神妙な顔で聞いていて、大変申し訳ありませんでしたと言ってました。

支援級の先生にも同じ話をしてきました。
校長先生にも話してこようかと思ったけど、4月に赴任されたばかりの校長先生にいきなりクレーム入れるのもどうかと思うのでやめました。

朝学活から戻ってきた花に机のことを聞いてみた。
「〇君がつかっていいよ 言ったの。」とのこと。
隣の席(花が勝手に隣になったわけですが…)の男の子が窓際で荷物置きになってた机を差し、「あれつかえば!」と言ってくれたらしい。
教えてはくれたけど、手伝ってはくれなかったんだ~~~彼らしい(^^;)

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2017-04-12 10:01 | 家族 | Comments(0)

おばあちゃん どこ いっちゃったの?

先日母が亡くなりました。
78歳でした。
癌で、今年3月にわかった時にはもうなすすべもなく。
あれから5か月。
よく頑張ったと思います。
母の病がわかってから、入院中も在宅中も欠かさず実家通いをしていました。
後半3か月間はずっと入院していたので、時間が許す限り長く病室でついていることを心がけました。
母が少しでもさみしい思いをしなくてもいいように。

学校が休みの日には花は必ず、太郎は隔週くらいでお見舞いに行ったでしょうか。
二人におばあちゃんの病状は伝えていませんでしたが、花はともかくとして、太郎はうすうすあまり長くないことを察していたのかもしれません。

入院中、高熱が出たり小さな手術があったりで私がなかなか帰れない時、太郎は花のデイのお迎えをしてくれ、二人でお父さんが帰ってくるまで留守番してくれました。
特に何もなくても、お風呂洗いと洗濯物を取り込んだり、家事も手伝ってくれ、とても助かりました。

母が亡くなった日、太郎はお父さんと病院に駆け付け、実家へ戻るのも立ち会いました。
私と妹が葬儀社の方と打ち合わせの間、別室で実家の愛犬を抱え待っていてくれました。
帰りの車の中で主人に母の最期の話をしていたら、助手席で静かに泣いていたので「さっきも一人で泣いてた?」と聞いたら小さくうなずきました。
声を殺して一人耐えながら泣く太郎。
小さいころから変わらないね。

花には特に何も話さないままお通夜当日を迎えました。
実家に着き、布団に寝ているおばあちゃんを見て、なにかいつもと違うものを感じたのでしょう。
私の手を引っ張り、外へ行こうと必死の様子。
二人で車の中で待つことに。
車にはいるやいなや号泣する花。

最初は「アイカツ!がやりたいの!」とか言いながら泣いていましたが、途中「おばあちゃん さみしいよ~」と言いながら泣いていました。

その後は私から離れようとせず、何をするにも私の手を取りぴったり寄り添ってついて回っていました。
お通夜の最中私の手を引っ張り、外に出ようと声に出さずに訴えてくる花。
とにかくお焼香が済むまで頑張らせ、ロビーで待つことに。
その間も泣きじゃくり。

告別式。
席に着くのを嫌がる花。
それでも何とかつかせましたが、あまりにもかわいそうで中座。
親族控室で泣きじゃくる花の肩を抱きながら考えていました。
当日朝から生理が始まった花。
もともと生理痛がひどく、始まった日は学校を休むほど。(2~3時間寝ると元気になります。)
おなかも痛い、心も痛い。
こんな状態の花をこのまま無理させいていいのか。
きっとおばあちゃんなら「花ちゃんがかわいそうだから家で休ませてあげて」と言ってくれるに違いない。
そう決心し、主人にあとのことを頼み、忌中払いまでには戻ることを告げ、花を連れ家に戻りました。

自宅の戻り痛み止めを飲んでぐっすり眠る花。
私はひとりリビングで母のことを考えていました。

2時間ほどで起こしに行くと、なんとか元気を取り戻してくれました。
「ご飯を食べに会場に戻るよ。近くのお店にアイカツ!あるよ。」と告げると「いく!」と元気な声。
戻ってからは泣くこともなく、元気に笑顔で過ごすことができました。

夜、ベッドに入ってから花が聞いてきました。
「おばあちゃん どこ いっちゃったの?」
「おばあちゃんはね、お空の遠いところにある天国に行ったんだよ。もう会えないけど、天国から花ちゃんと太郎のことを見守っていてくれるんだよ。」
「・・・もう〇〇(実家の地名)にはいないのか~・・・」
淡々とした花の言葉。

おばあちゃんが亡くなったことを理解できたのかどうかわかりません。
でももうおばあちゃんの家に行っても病院に行っても、おばあちゃんはいないということはなんとなく理解したように思えました。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2016-08-17 08:58 | 家族 | Comments(0)

親心か 親の勝手か

2日に日の出を見に海ほたるへ行きました。
元旦夕方「明日早起きして(2日だけど)初日の出を見に行こう!」と、お父さんが言いだしたときは冗談かと思った。
翌日5時過ぎに起こされ、本気だったんだ・・・と驚いたくらい。

初日の出ではないけど、海ほたるにはたくさんの人が日の出を見に来ていました。
ちょっと雲はあったけど、かえってその雲に朝日があたりオレンジ色に輝いて綺麗だったな~。

朝早く起こされたけど、綺麗なものを見られて私はそれなりに満足。
でも子どもたち・・・特に太郎にとっては迷惑以外の何物でもなかったらしい。
冬休みでいつもより夜更かししてテレビを見てるからほんとはもっとゆっくり寝ていたかったのに・・・
日の出もろくに見ずにふてくされてた・・・

帰りの車の中で「お父さん東京の街をすこしドライブしたいんだけどいいかな?」とお父さんが言ったら
「いやだ!帰りたい!」と太郎。
父「いいじゃないか~少しくらい。お父さんみんなに初日の出見せたくて頑張ったんだから!」
太郎「もっと寝てたかったのに朝から付き合ってあげたんだから、少しはこっちの気持ちもわかってよ!」
父「なんだ!その言い方は!親に向かって!もういい!帰る!」
・・・お父さん怒っちゃいました・・・

お父さんの気持ちもわかる。
家族みんなで綺麗な日の出を見て新年を祝いたかったんでしょう。
朝の都会をドライブして、車の少ない街並みを子どもたちに見せたかったのかも。
子どもたちにいろんな経験をさせてあげたい親心。
それなのに「付き合ってあげた」なんて言われて・・・

でも太郎の気持ちもよくわかる。
行きたいなんて一言も言ってないのに勝手に予定立てて連れ出しておいて!
僕は早く帰って寝たいんだ!
初日の出なんてどうでもいい!
太郎にしてみたらお父さんのわがままにつきあわされ迷惑・・・ってとこなんでしょう。

家に着いたら太郎も花もホントに寝ちゃいました。
(8時頃帰宅、お昼過ぎまで起きませんでした。)
お父さんはひとり怒ったまま近くのスーパー銭湯に朝湯に行き、そのまま夕方まで帰ってきませんでした。

正月2日から一人ぼっちの私って・・・
もやもやを抱えたままひとり箱根駅伝観てました・・・

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2016-01-07 15:31 | 家族 | Comments(0)

ダンナ入院(>_<)

月曜日、ダンナ入院しました(>_<)
診断は[蜂窩織炎]。
何かの細菌感染で皮膚が炎症をおこしているらしい・・・
ダンナの場合は下肢ですが、ネットで調べたら顔とかに出る人もいるらしい・・・
顔でなくて良かった(^_^;)

土曜日夜に高熱を出し、足が腫れた。
日曜日には熱は下がってたけど、足は腫れたまま。
月曜日に皮膚科受診。
先生足を診るなり「これは入院ね!紹介状書くから〇病院(国立)にすぐ行って!」と言ったらしい・・・

すぐ〇病院に行ったけど、診察まで4時間待ち・・・
国立病院って混んでるんですね・・・
やっと診てもらったら、やっぱり即入院!
しかも大部屋に空きが無く特別室・・・
差額ベッド代1日10800円(:_;)
「普通2~3万しますよね~」って看護師さんは涼しい顔で言ったらしい・・・(確かにね(-_-;))
大部屋が空き次第部屋替えをお願いしました!

安静にして点滴・・・
暇で仕方ないらしいです(^_^;)
1週間病院食だけ食べてたら少しはやせるかもね~(^^)

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2015-06-24 09:06 | 家族 | Comments(0)