交流の仕方を考える時が来たようです

はなちゃん4年生。
朝の会、帰りの会、音楽を交流級で受けています。

3年生の時は図工も行っていましたが、課題もどんどん難しくなるし、なにより支援級の図工がとっても良いので、4年生からは交流しないことにしました。

音楽は大好き♪
去年何回か音楽の授業を参観しましたが、とても楽しそうだったので、今年度も継続する予定でした。

今年度音楽専科の先生が代わられたことあり、早めにひとり授業参観をしてみたら・・・
はなちゃん、表情が固まってました・・・

去年は、音楽専科の先生が授業をし、交流担任も授業に参加し、支援級の先生がはなに付き添い、その上非常勤の先生がもう一人入られ、合計4人の先生がいらした。

それが今年度は音楽専科の先生お一人!(まぁ、本来当たり前か!?)
新しい専科の先生は支援級の子が交流で一緒にいることさえ把握していたのか?という感じ(-_-;)
もしかしたらいるのは知ってたかもしれませんが、それがどの子かまではご存じなかったです。
だって私が「5組のはなの母です。交流で音楽に参加させていただいてます。今日は様子を見に参りました。」と、挨拶した時、ちょっとポカ~って顔したし(^_^;)
授業始まった時に「どの子ですか?」って確認してたし・・・(^_^;)

去年まであんなに楽しそうに歌ってたのに、表情の硬いはな。
合奏の練習が始まった時なんで、悲しそうですらあった。

とても後ろで見てるなんて出来ず、途中からはなの隣に寄り添って授業に参加しました。

支援級へ戻る時「はなちゃん、音楽楽しい?」と聞くと「たのしい。」と答える。
でも「また音楽行く?」と聞くと「いかない!」ときっぱり!
「どうして?」「だって りこーだー できない(._.)」さみしそうに答えたはながかわいそうでした。

昨年の音楽の練習で、[自分はみんなのように出来ない]ことに気づき、とても悲しそうだったはな。
大きな成長ではあるけど、みんなと一緒=楽しい♪ばかりではない・・・

せめて以前のように支援級の先生が付き添っての授業なら、楽しめるかもしれませんが、今年度はどうも、そういう対応はしていただけないようなので、交流は止めようかと思っています。
担当の先生には「はなが行きたがらないようでしたら無理をさせないでください。」とお願いしました。
次の音楽の時間は行かなかったようです。

クラスメイトも成長し、面倒を見てくれる子も増えました。
でも、課題が高くなりすぎ、はなには難しすぎるようになってきました。

「はなが楽しめる♪」を目的に交流させていましたが、それだけではいかない時が来てしまったようです。


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2012-05-18 10:44 | 学校 | Comments(4)

Commented by むししともしし at 2012-05-19 07:50 x
うちの次男は支援学校なので交流で悩むこと無いんですが(一応、年3回くらい近くの小学校と交流教育がありますが)、交流先で面倒を見てくれる子がいるのが本当に良い事なのかなと思うことあります。
支援学校だと、出来る子は面倒を見る側にまわります。去年までは、重複障害クラスと合同になることが多かったので、重度の療育手帳持ってる次男も面倒を見る側でした。自分に役割を与えられ、それをこなすことで自分に肯定感を持っています。
健常児の中で得ることも沢山あると思いますが、出来ない自分を自覚してしまうのは厳しいですね。
Commented by tarotohanachan at 2012-05-19 12:48
むししともししさん、よくおこしくださいました^^
次男君は支援学校なんですね。
人に頼りにされ、褒められ、自信を持って成長できるってとっても素晴らしいことですよね。
娘も支援級の中では良くお手伝いもしますし、先生に褒められ、また頑張る!という良い循環になっていると思います。
自分だけ出来ないという劣等感・・・勿論いつかその思いが次の成長へと繋がるのでしょうが、いまはただ辛いでけなのだったら、交流しない方が彼女のためなのかもしれません。
Commented by のん at 2012-05-20 23:53 x
難しいですね。周りが見えてくると、みんなのように出来ない事自覚するんですね。つらいですけど、いつかは乗り越えないといけない問題でもありますもんね。本人告知とも繋がる問題ですし。でも、みんなに負けないくらい、良い所はたくさんあるし、周りの人達にとても愛されてる事伝えてあげたいです。これから先、社会に出て行く子ども達に、「一人で出来るように頑張る事」も大事だけど、「人に頼る事」も大事、自分は出来るんだぁって思って、一人で全部背負わないように。周りには助けてくれる人がたくさんいる事、うちの娘には話しています。
Commented by tarotohanachan at 2012-05-21 07:22
のんさんへ。
ありがとうございます。

>人に頼る事」も大事、自分は出来るんだぁって思って、一人で全部背負わないように。周りには助けてくれる人がたくさんいる事、うちの娘には話しています。

その通りですね。私も娘に、いつかそんな話が出来たらいいなと思います。

今の明るさを無くさずに、みんなに愛される娘でいて欲しいです!