[みんなと一緒で楽しいね♪]という交流じゃあ駄目なの?趣旨を理解できないと意味がないの?

この1年間ず~っと思っていた事。
[みんなと一緒で楽しいね♪]っていう交流じゃあ駄目なんですか?
「事前学習に参加していないから」とか「普段交流してないから」という理由で、学年行事への参加をさせない支援級の先生。

「授業行ってないし、どんな目的で行くかわからないでしょ?」っていうけど、それを言ったら、はなのレベルじゃ、一切の交流出来ません!

今回の音楽会だって歌詞の意味なんてわからないだろう。(物語性のある曲です。)
でも、歌は好きだし、キチンとメロディに乗って歌えないけど、一生懸命に覚えて歌ってる。

以前[お店にいってインタビューしよう]っていう校外学習があった。
その時「事前学習してないし、グループごとにわかれてお店に行くから、何かあっても困るし…(支援級の子は)3人いるから一人一人には付けないし…」の理由で参加させてもらえなかった。

[公園にある植物や昆虫を調べてみよう]の時も「学習の意味が理解できないでしょ?」って言われて連れて行ってもらえなかった。

お店でのインタビューに関しては、お店の商品に触ったりしても問題なので、仕方ないと思ったんだけど、公園の時は「公園にみんなと一緒に行って楽しいな♪」じゃいけないの?って思った。
「おはな。ちょうちょ~。」って公園走り回ってるだけだっていいじゃん!

一番不満なのは、事前に何も教えてくれない事。
当日水筒下げてる2年生を見て「えっ?今日何処か行くの?」って親が気がつき、学校に送った時確認すると、「事前学習・・・」の説明をされ、結局行かれない。
当日わかったんじゃあこちらも何も出来ない。
事前に教えてくれれば、「それは仕方ないな」と思ったり、「私がつきますから行かせて下さい。」とかそれなりの対応が出来るのに・・・

今回の音楽会もそう。
「学年で参加だとこの子達可哀想なのよね~。」そういう思いが先生にはあったようだ。
長い繰り返しの練習。
ほとんど合奏に影響がないだろう楽器。(みんなの演奏を邪魔しない為?)
先生にしてみれば無理やりやりたくない事をさせられていれ、しかもいてもいなくても同じみたいな扱いで子供達可哀想って思っていたのかも。

でもね、普段ほとんど交流出来ない子にとって、学年に混ざって参加出来る数少ないチャンスなんですよ!
中にはホントに学年参加辛そうな子もいます。
もちろんそういう子にとって支援級で参加するから学年は出なくていい!っていうのは良かったと思います。
でも、はなのように[みんなと一緒]が楽しい子もいる。
そんな娘の姿を見たい親がいる。
他の御矢後さんでも、「ちゃんと歌えないだろうけど、みんなと歌ってる姿見たかったな。」って言ってる方がいらした。
「いまのうち(学年が小さいうち)しか交流難しいだろうに…」って言ってた。

秋の懇談会で「今年の音楽会は支援級で参加出来る事になりました。」と話があった時、それは良い事だと思った。
確かに学年だと沈んでしまうこの子達をみんなにちゃんと見てもらえる良いチャンスだなって。
「学年でも参加していいんですよね?」って質問したら「勿論できます!」って言ってたのに。
いつの間にか[学年参加出来るのは普段音楽の交流している事]っていう条件がついてた。
そんな事誰も聞いてない。
12月末の個人面談で核にしたって先生は言うけど、そんな確認されてませんから!

昨日支援級のお母さん達とランチした時音楽会の話になり、
「A君も学年でないんだってね。」って聞いたらA君のお母さんが
「えっ?うちは参加してるって思ってたんだけど出てないの?」ってびっくりしてた。
「A君のお母さんに確認して不参加で、2年生他の2人が出ないのにはなだけ出るのはおかしい!って先生に言われたんだけど…」って言ったら
「そんな事言ってない!出して下さい!って言ったのに。ただ本人がどうしても練習いやだって言ったら、無理させないで下さいとは言ったけど、出なくていいなんて絶対言ってない!」と憤慨してた。

今朝A君のお母さんは「なぜAは学年練習に出ていないのか?私は出さないで言いなんていってない!」という抗議を泣きながらしていた。
「昨日Aが学年練習参加してないって聞いて、てっきり参加してるもんだと思ってたから、すごくショックだった。」とも言ってた。
普段明るくて強い彼女が泣きながら抗議している姿を見て胸が痛んだ。
はなが練習参加してないってわかった時にAさんもこの事を知ったら十分に間に合ったのに。
来週本番なので、練習もあと3回しかありません。
支援級の先生は、面談の資料にはお母様に参加しない旨確認した事になってる事、交流担任とも相談の結果、A君は出ない方がいいだろうと判断した事などを説明していた。
が、もちろんAさんは納得してなかった。
先に帰って来てしまったので、話し合いがどうなったかはわからないけど、かなりしこりが残るのは間違いないでしょう。
別のお母さんも昨日「今から参加できませんか?」と聞いたら「無理!」とあっさりかたずけられたらしい。
彼女も「参加するも参加しないも聞かれてない。」って言ってた。

そんな趣旨を理解し、キチンと参加なんて出来るわけないじゃん。
そんな事出来るくらいなら支援級になんていませんって!

勝手に決めないで下さい。
ちゃんと保護者に相談してから決めて下さい。
子供に良かれと思っての事でしょうが、でもその思い伝わってきません。
子供にとって何が良いのか、先生と保護者と協力して考えていきましょうよ!

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2011-02-09 10:04 | 学校 | Comments(2)

Commented by mineyom at 2011-02-10 06:30
うちの娘は、完全に「みんなと一緒で楽しいね」という交流ですよ~。
先生もいろんな考え方もあるのでしょうが、学習の趣旨を理解していないからという理由で交流させないなんてびっくりです。
本当に学習の意味が理解できるなら、そもそも支援級にいないし・・・と思っちゃいますよね。
支援級にもいろんなタイプの子がいるから、その子その子で、いろんな交流の仕方があっていいと思いますけどね。
そして、事前に何も教えてくれないというのも、本当に問題ですね。
そこの意識を、まず先生に変えてもらいたいですね。
Commented by tarotohanachan at 2011-02-10 07:04
mineyomさんへ。
そうでしょう!?
[みんなと一緒で楽しいね♪]でいいと思うんですよ。
だいたい[趣旨を理解]っていうんなら、はなのレベルでわかるような授業を支援級でして下さい!って言いたいです。
それもしないのに[趣旨]って言われてもね~
普通級をず~っと持ってた先生なので、一生懸命な方なんですが、やっぱり障害児教育の事良くわかってないんです。
いろいろ勉強してくれたみたいですが、どうしても今までの固定観念が破れないんでしょう・・・
ホントに変わってもらいたいです。
今年度も残り僅かという時になって、しこりの残る事態になってしまっってとても残念です。