お友達のお引っ越し

「あのね、私ね、12月26日に新しいおうちが出来てね、お引っ越しするの。」
今朝、はなを支援級に迎えに来てくれたCちゃんが、そう言いました。
「お引っ越しするの?」
「うん。それでね、学校も新しい学校に行くの。」
「じゃあ、来年からは新しい学校に行くんだ。」
「うん。」
「そっかぁ。じゃあ、12月まで、はなちゃんと仲良くしてね。」
「うん。」

Cちゃんは、はなに対して一番仲良くしてくれる子です。
はなと遊んでくれる子はたくさんますが、いつもというわけではありません。
Cちゃんだけは、毎日必ず、毎休み時間、一緒に遊んでくれます。
体育の時もはなとペアを組んで一緒にやってくれています。
いつもいつもはなの面倒を見ていて、他の子と遊べないんじゃないか、
自分のことしてる暇がないんじゃないかと心配になるほど
いつもはなのそばにいてくれる子です。
支援級の先生が以前
[お世話を焼いているのではなく、本当にはなちゃんが好きだから一緒にいる感じ]
と言っていた女の子です。

はなはクラスメートの中で、入学前から知っている子を除くとCちゃんの名前を最初に覚えました。
はなにとってもCちゃんは一番大好きなおともだちです。
夜寝る前に明日の話をするときも
「きょう(明日の事)Cさんいるよ。」と必ず言います。
(ちなみに支援級の担任の事は「Kせんせい いないよ!」といいます(^_^;))
「Cさんすきなの?」と聞くと、
「すきなの^^」と、嬉しそうに答えるはなちゃん。

今朝もいつも通りCちゃんに連れられて校庭に遊びに行くはなを見てたら
涙が出てきました。
はなにはCちゃんが転校してしまうことが解りません。
12月25日にお別れ会をしたとしても(きっとするでしょう)、なんの事か解らない。
そして1月、学校に行ってCちゃんがなぜいないのか解らない。
きっと「Cちゃん おやすみ おうちで ねんね」と言うでしょう。
毎日毎日「Cちゃん おやすみ」と、思うのでしょう。
そのうちCちゃんのいない状態に慣れはするんでしょうが、
きっと忘れることはないでしょう。
なんでいないのかな~っておもいながら・・・

はなはCちゃんの事を忘れることはありません。
Cちゃんも、どうかはなの事を忘れないでほしい。
そのやさしさをなくさないでほしい。

Cちゃんが引っ越すまで、まだ3カ月あります。
その間にいっぱい思い出を作りたいと思います。


よかったら応援のクリックお願いします♪
子育てブログ 障がい児育児にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
[PR]

by tarotohanachan | 2009-09-18 09:23 | はなちゃんのこと | Comments(0)