かけ算と割り算

花ちゃん14歳中学3年生。
愛の手帳B1。
児童相談所は詳しい数字を教えてくれない乃のではっきりとは言えませんが、発達年齢幼稚園の粘稠さんくらいでしょうか。

自閉症独特の記憶力なのでしょうが、好きなもの、興味のあるものはいくらでも覚えます。
平仮名は3歳前に全部読めましたし、かけ算は花ちゃん年長で太郎が小2で習い始めたとき、一緒に覚えてしまいました。
ただ、覚えたと言っても意味はまるでわかってなく、数字並びを覚えていただけです。

ひらがなが意味を持つと理解したのは年長さんくらいの時。かけ算の意味が分かったのが中学2年。
小さい頃覚えたもの、ただ形と音のつながり、ただの数字並びだったものが、物の名前を表していたり、計算できることだったり。
認知力が1ステップ上がったなと思ったものです。

そんな花ちゃんですが、引き算苦手です。繰り上がりのある足し算は出来るのに繰り下がりはとても難しいみたいです。指を使ったり、丸を書いて消したりして何とか計算しています。

掛け算は得意なのに、割り算は苦手。
4×〇=24の〇が6なのはわかるのに、24÷4=?となると解らない。
5の塊が理解できないように、割り算も花ちゃんの理解の限界みたいです。

別に5の塊が理解できなくても日常そんなに困らないし、割り算もそう。
でも学校ってなんとか理解させようと頑張るんですよね…
そこに時間かけるより、もっと他の事した方が有意義なのにね(^^;)

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2017-05-19 09:40 | はなちゃんのこと | Comments(0)