それでも花ちゃんは席の心配をする

水曜日、自力で自分の机と椅子をセットした花ちゃん。
夜交流担任から電話があった時「その後花ちゃんの様子はいかかですか?」と聞かれ
「元気に帰って来ましたので大丈夫だと思います。」とお返事しました。

でも花は寝るまで何度も「私の席あるかな~?」って心配してました。
翌朝も、「私の席〇組にあるかな~」って何度も聞いてくるのです。
「花ちゃん自分で机と椅子セットしたでしょ?」
「うん。」
「じゃあ大丈夫!今日もあるよ。」何度そんな会話をしたでしょうか。

学校から帰った花に「席あった?」と聞いたら
「あった^^」と、笑顔で答えてくれました。
その後は「席あるかな?」と、聞いてこなくなりました。

自分で席を用意したにも関わらず、翌日も確認するまで椅子の心配をするのです。
教室に行き、自分の席があるのを見て、やっと安心するのです。
それくらい花にとって、交流級に席が無かったというのは重大なことだったんです。

自分で上手に伝えられない花。
そんな花が悲しい思いをしなくて済むよう、母はいつまでも目を光らせていなければ!
と、改めて思った出来事でした。


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

by tarotohanachan | 2017-04-14 08:28 | はなちゃんのこと | Comments(0)