玄関のカギ穴に何か詰まってる!?

はなと買い物から帰ってきたのが4時50分くらい。
玄関で鍵を開けようとしたら・・・鍵が入らない!
・・・?・・・鍵穴を覗いてみたら・・・何か詰まってる・・・
楊枝みたいな細い木の棒が折れて何本か入っていた・・・
???いったいどういうこと???

とにかく家に入れないので、管理人さんに助けを求めてみた。
精密ドライバーセットを持ってきてくれて、詰まった木をとろうとしたけど取れない(-_-;)
暑い中、汗をかきかき、頑張ってくれたけどどうしても取れない・・・
「〇階の△さんが××ロック(マンションのカギのメーカー)に勤めてる人だから、頼んでみますよ!」といって呼びに行って下さった。
平日の5時過ぎ、まだ帰ってないだろうな~って思ってたら、なんといらした!
鍵穴を覗き「あ~いっぱいはいってるね~」と言いながら、精密ドライバーや針を使って作業開始。
少しは取れたみたいだけど、全部は取れない。しかも鍵の中のシリンダーが外れてしまっているらしい・・・つまりは直らないということらしい・・・(T_T)
「なんとかドアを開けたいんだけど・・・」
ベランダ側は全部ロックしてあるし、ドア横の窓も片方はロックしてあって開かないし、」もう一方は鉄格子はまってるし・・・

当たり前だが鍵は外からでは外せない。外から開けるにはドリルで鍵を壊すしかないらしい。
いったいどうなるの・・・

結局鉄格子を外すことに。(かなり大変だったけどなんとか外せました)
開いた窓からたろうが中に入り、中から解錠。
帰って来てから1時間、やっと家に入ることが出来ました。

とりあえず代わりのカギをつけていただき、新しい鍵を注文しました。
すべて△さんが手配して下さり、新しい鍵もつけてくださるそうです。
良い方が同じマンションに住んでて、ホントに幸せです♪

さて、本題!
なんで鍵穴に木の棒が詰まっていたかといえば・・・
犯人はもちろんたろう!
その日、はなを歯医者に連れていくため、たろうが帰って来た時、私は不在。
もちろんたろうにその事は朝のうちに伝えてありました。
彼は1年生に時からランドセルにカギをつけてあるので、それで入るように言っておいた。
・・・しかし、鍵が無かったのだ・・・
前日遊びに行くときに外して持って出て(やはり私が外出するので外して持っていった)、帰って来てからランドセルに戻すのを忘れてしまったのだ・・・
鍵が無い・・・でも家に入りたい・・・何かで開かないかな?・・・
細い棒で開けようとした・・・でも開かなかったから、そのまま友達の家に遊びに行った。
友達の家で電話を借り、母の携帯の留守電に伝言を入れたのは偉いな!と思う。
「お母さん、鍵が無くって家に入れなかったから、そのままY君家にいます。」
でも鍵穴詰めちゃった事はな~んにも言ってなかったよ(-_-;)
△さんがカギを直そうと悪戦苦闘してくださってる途中でたろうが帰って来たので
「今ね、鍵穴に木の棒みたいなのが詰まっちゃってて大変なの。どうして詰まったかたろう知ってる?」と聞いたら「知ってる。」と答える。
「たろうがやったの?」
「うん。」
「そっかぁ。なんとか開けようと思ったんだね。でもね、鍵は鍵じゃなくちゃ開かないんだよ。」と話したら、こぶしを握りしめながら泣き崩れたたろう。
「お母さん怒ってないよ。だってたろうはなんとか開けたかっただけで、いたずらしたわけじゃないんだから!」こういう泣き方をしたら、何を言っても彼の耳には入らないのでほおって置くことにした。

鍵が開いて家に入り、落ち着いてからたろうに言った。
「あのさ、たろうはルパンじゃないから、木のぼうじゃあ鍵は開かないんだよ。これからは鍵忘れたら、無理に開けようとしないで、誰かお友達の家に行ってね。そこからお母さんに電話してね。」
『ルパンじゃないんだから』というフレーズが気にいったらしく少し笑ってくれた。

たろうが泣いたのは怒られるのが怖いんじゃなく、自分が失敗してしまった事が悔しかったんだろうと思う。
怒るわけないじゃん。だってこれは怒る事じゃないもの。
たろうは家に入りたかっただけ。まさか鍵が壊れるなんて思ってもいなかったんだもの。
失敗を教訓にして次から気をつければいいんだよ。


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援クリックを♪
子育てブログ 障がい児育児にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
[PR]
by tarotohanachan | 2010-09-06 11:23 | たろうのこと | Comments(0)
<< お母さんが怒るのは・・・ リスパダールを止めて1カ月~順... >>