今までで一番うれしかったこと 悲しかったこと

昨日夕飯を食べる太郎と一緒にニュースを見ていたら、[トーキングカード]というのを紹介していました。
特別支援学校の先生が考案されたとのことで、トランプのようなカードの裏にいろんな質問が書かれています。
コミュニケーションに問題のある子が質問に答えることで、コミュニケーションの練習をするためのものだそうです。
それを今健常の子たちが使っている~とかいうニュース。

そのニュースの中で子供がめくったカードは[今までで一番うれしかったことは?]。
「太郎は今までで一番うれしかったことは何?」と聞いてみた。
「え~~~。なにかな~。」う~~~ん。」と、しばらく悩み
「お母さんが僕を生んでくれたこと!」と、とても素敵な笑顔で言いました。
驚いたのと、ちょっと照れくさいのとで、
「いやいや、生まれたときのことは覚えてないはずだし。話盛らなくていいから。」と言ってしまった私。
「じゃあ一番悲しかったことは?」と聞くと、
「う~~ん・・・修学旅行かな・・・」
「なんで?」
「夜寝るとき、お母さんがいないから。一泊はいいんだよ!次の日帰ってくるから。でもそれ以上は・・・」
「お母さんに会えない日があるから?」
「そう!」

なんかね、すっごく愛されてるんだな~ってうれしいのと、私に対する依存がいまだにそんなに強いんだ~っていう心配とで複雑で・・・
秋には3泊4日で修学旅行あるのにね・・・


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-04-21 11:45 | たろうのこと | Comments(0)

通学電車が止まってしまい・・・

昨年高校に入学し、電車通学が始まった太郎。
昨年5月の話です。

太郎も花も学校に行き、ほっと一息ついたころ、突然太郎から電話が来ました。
「お母さん、〇線が事故で止まって動かない。」
声のトーンから半パニックを起こしているのがわかる。
「大丈夫よ。お母さんが学校に電話してあげるから、ゆっくり学校行きなさい。」
「放送で『お急ぎの方は△線にお乗り換えください。』っていうから△線に乗ろうとしたんだけど、どこのドアもいっぱいで乗れなくて…そしたらドア閉まって行っちゃったんだ!」
「それは大変だったね。次の電車には乗れると思うよ。」
「嫌だ!もううちに帰りたい!」その声は、もう泣き声になっていました。
「わかった。じゃあ学校には休むって電話しておくから、慌てないでゆっくり帰っておいでね。」

学校に電話を入れ、事情を説明しました。
担任の先生は「それは大変でしたね。今日はゆっくり休ませてあげてください。」と、おっしゃいました。甘々な学校~(^^;)

30分くらいして家に帰って来た時には落ち着いていました。
電車が止まったせいで遅刻するのは不可抗力。
〇線が止まったら学校に遅刻する生徒はたくさんいるだろう。
だからそんなに思いつめなくていいんだよ。
学校に電話して、電車が止まっている(遅れている)ことを伝えれば大丈夫なんだよ。
太郎にそんなことを話しました。

翌日、なんと今度は△線が事故で止まりました。
学校から帰ってきた太郎に聞いてみました。
「今日は△線が止まったんだよ!」
「太郎は大丈夫だった?」
「うん。〇線は普通に動いてた!」
「△線が止まったんだったら、遅刻の人たくさんいたでしょ?」
「うん。AもBもCも遅刻だった。」
「みんなどうやって教室入ってきた?」
「『電車が止まって遅れました。』って。」
「先生は?」
「『大変だったわね。さあ席座って。』って。」
「ね!電車が止まって遅刻してもみんなも先生も普通にしてたでしょ。」
「うん。先生が電車が止まった時は何とか証明書(?)もらってくればいいって言ってた。」
「遅延証明書ね。」
「そう!それ!」

1日目、自分が乗った電車が止まってしまい、並行して走っている電車も満員で乗れず、半パニックを起こして学校を休んだ太郎。
2日目、自分の乗っていた電車は普通に運行され、並行して走っている電車が止まり、遅刻してきた同級生と先生のやり取りを聞いた太郎。
この二日間の経験で、電車の遅延での遅刻は仕方無い事、遅刻を恐れるあまりパニックを起こすようなことではないってことを経験しました。

1日目の経験で、いくら遅刻しても大丈夫!といっても、やはり彼は納得できなかったかもしれない。
2日目の同級生を見たことで、大丈夫なんだっていう実感が持てたのだと思う。
二日間連続で経験出来たのもよかったと思っている。

どんなに話して聞かせても経験しないと本当には理解できない。
頭でわかっても、感情がついていかない。
経験って大事だね。


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-04-17 08:57 | たろうのこと | Comments(0)

それでも花ちゃんは席の心配をする

水曜日、自力で自分の机と椅子をセットした花ちゃん。
夜交流担任から電話があった時「その後花ちゃんの様子はいかかですか?」と聞かれ
「元気に帰って来ましたので大丈夫だと思います。」とお返事しました。

でも花は寝るまで何度も「私の席あるかな~?」って心配してました。
翌朝も、「私の席〇組にあるかな~」って何度も聞いてくるのです。
「花ちゃん自分で机と椅子セットしたでしょ?」
「うん。」
「じゃあ大丈夫!今日もあるよ。」何度そんな会話をしたでしょうか。

学校から帰った花に「席あった?」と聞いたら
「あった^^」と、笑顔で答えてくれました。
その後は「席あるかな?」と、聞いてこなくなりました。

自分で席を用意したにも関わらず、翌日も確認するまで椅子の心配をするのです。
教室に行き、自分の席があるのを見て、やっと安心するのです。
それくらい花にとって、交流級に席が無かったというのは重大なことだったんです。

自分で上手に伝えられない花。
そんな花が悲しい思いをしなくて済むよう、母はいつまでも目を光らせていなければ!
と、改めて思った出来事でした。


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-04-14 08:28 | はなちゃんのこと | Comments(0)

交流級の先生から電話がありました

昨日夜7時すぎ交流級の先生から電話がありました。
改めて今回のことをお詫びしてくださいました。

私も時間が経っていたこともあり、怒りは収まっていましたし、本当に恐縮されている先生の声を聴いていたら、なんだか気の毒にも思え・・・
悪気はなかったでしょうし。(もちろん悪気が無ければよいという話ではない)

とにかく新年度始まったばかりです。
3年生は行事もたくさんあります。
交流担任にもお世話になることがたくさんあるでしょう。
なにより花はその先生のことが大好きです。

中学最後の1年間が花にとって楽しい日々であるように、学校側と仲良くしたいのが私の本心。
私も言い過ぎたことをお詫びし、改めて1年間よろしくお願いいたしますと、話をしました。


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-04-13 07:39 | 学校 | Comments(0)

やっぱり交流級に花の席は無かった

さっき一緒に登校し、交流級確認してきました。
やっぱり交流級に花ちゃんの席はありませんでした。

交流担任が来るまでの間、廊下で悲しいのと悔しいのと、イライラしながら教室の中の花を見守っていました。
すると、自分でどこかから机を運んできて、たぶん去年その位置が自分の席であったろう場所に横の机を一生懸命押して空間を作り、なんとか置いていました。
次は椅子。
自分で自分の席を作っている花を見てたらけなげで泣けてきた。

やっと交流担任が現れたので、吠えて訴えてきました。
(怒鳴ってませんよ!冷静に話してきましたから!)
 昨日花から席が無いと聞いて驚いたこと
 今日は用意されているかと思ったら、やっぱりなかったこと
 花は自力で自分の席を作ったこと
 その姿を見て、けなげて悲しくなったこと
 etc.

先生、神妙な顔で聞いていて、大変申し訳ありませんでしたと言ってました。

支援級の先生にも同じ話をしてきました。
校長先生にも話してこようかと思ったけど、4月に赴任されたばかりの校長先生にいきなりクレーム入れるのもどうかと思うのでやめました。

朝学活から戻ってきた花に机のことを聞いてみた。
「〇君がつかっていいよ 言ったの。」とのこと。
隣の席(花が勝手に隣になったわけですが…)の男の子が窓際で荷物置きになってた机を差し、「あれつかえば!」と言ってくれたらしい。
教えてはくれたけど、手伝ってはくれなかったんだ~~~彼らしい(^^;)

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-04-12 10:01 | 家族 | Comments(0)

交流級に花の席が無い(-_-メ)

いつも寝る前にその日あったことをいろいろお話しする花ちゃん。

母「今日交流級いったの?」
花「うん。〇組いったら私の椅子ないの。(交流級の)先生『誰かの借りていいよ!』言ったの。」

・・・(-_-メ)・・・
交流級に椅子が無いって?
母「机もないの?」
花「ないの。」

花の学年は人数が多く、40人のクラスに交流で花が入ると41人になります。
~40人だったら机並べやすいよね(-_-;)~
~そりゃあ本来は40人だよね~
~でも交流で花が入ることわかってるよね~
~交流級の子預かるの初めてじゃないよね~

前日学級写真撮影の際に「1年間交流でお世話になります。」って挨拶したのに…
先生だって「花ちゃんとは去年の音楽の授業を受け持っていましたので。何かありましたら、いつでも言ってください。」って言ってたのに…

支援級の連絡帳に「確認してください」って書いたけど、「今日椅子あるかな~」って不安そうな花を一人で行かせるのはかわいそうなので、一緒に行ってこようと思います。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-04-12 07:28 | 学校 | Comments(0)

質問の嵐が吹き荒れる

修学旅行に行きたくないと言った次の日、連絡帳にその旨書きました。

学校から帰ってきた花ちゃん、「〇先生も一緒に行くの。やっぱり京都・奈良行くの。」
と言い出しました。
先生ったらどんな手使って花の気持ちを変えてくれたのかしら~~~\(^o^)/

・・・と、喜んだのもつかの間・・・

奈良はどこへ行くのか?
京都はどこへ行くのか?
お昼は何をたべるのか?
ホテルはどんなか?
荷物はどうするのか?
・・・etc.・・・

マシンガントーク全開!
質問攻めに疲れ果てました…

夕方先生から電話がありました。
連絡帳を読んだこと。
引率が自分に決まったことを伝えこと。
何をするのか見通しを持てないことが不安なのだろうから、まだコースは決まってないが旅行ガイドを見せてこんなところに行くよ。と伝えたこと。
〇先生が一緒に行くのがわかり、行先のイメージが少しわかり、ちょっと安心したようだとおっしゃっていました。

でもまだまだ分からないことの方が多くて不安はいっぱいなんでしょう。
毎日質問の嵐が吹き荒れています・・・(@_@。

「お母さんは京都奈良行かないの?」と聞くから
「お母さんは行きません。」と答えたら
「かわいそう」と、花ちゃん。

・・・かわいそうなのはお母さん?それとも花ちゃん?・・・

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-04-11 09:48 | はなちゃんのこと | Comments(0)

お泊り行きたくない病が始まった…

昨日学校から帰ってた途端
「〇日と△日と◇日はおなか痛くなるからやっぱりやめとく。」と言う花ちゃん。
・・・〇日?・・・しかも3日間?・・・
あ!修学旅行のことか!

・・・またもやお泊り行きたくない病が始まったか・・・orz・・・

春休み中は楽しそうに修学旅行の話してたのに。
新年度が始まってまだ2日。
昨日一体学校で何があったっていうの~~~

新年度になり、クラスメイトが変わり、先生が変わり。
年度初めは不安定になっても仕方ないね。
その不安がもともと好きではない宿泊学習に向かってしまったのかもね。

修学旅行まであと1か月ちょっと。
担任の先生と相談しながら、良い方向へ迎えるように頑張ってみよう。
行ってしまえば楽しんでこられる子です。
行くまでが不安。
出発前お母さんと離れるのが不安。

去年支援級合同泊の時は出発前30分以上私にしがみついて泣きじゃくってました。
最後にはあきらめたのか、力なく、でも自分の足でバスに向かいました。
出来るなら笑顔で「行ってきま~す(^^)/~~~」と言ってほしい。
笑顔で「ただいま(*>∀<*)ノ」と帰ってきてほしい。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-04-07 07:30 | はなちゃんのこと | Comments(0)

口多動が止まらない!

「口多動っていうのもあるんだって~~~」と聞いたのは、まだ太郎が小学校に入ったばかりの頃だったでしょうか。
教えてくれたのは太郎の同級生で、すっごい多動の子のお母さん。
お口も達者でよくしゃべる子でした。

今、花が口多動?ってくらいしゃべる。
相変わらず[て・に・を・は]は滅茶苦茶、相手の立場で話したりするから、だれがやった事なのかよく解らないし。
あげく質問攻め・・・

お願いだから少し黙ってて!
お母さん神経すり減っちゃうよ・・・

早く春休み終わらないかな・・・

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-04-01 11:04 | はなちゃんのこと | Comments(0)

[5]の塊が理解できない

花ちゃん14歳。
愛の手帳B1、中度の知的障害を伴う自閉症。
児童相談所は発達検査の数字を教えてくれないので正確にはわかりませんが、発達年齢5歳半くらいでしょうか。

小学校の頃から中2の今まで算数で何度も教えていますが、どうしても[5]の塊が理解できません。
なので5,10,15,20、・・・という数え方もできないし、何よりお金の計算でつまずきます。
5円玉も50円玉も500円玉もわかる。
でも5円玉2枚で10円が理解できない。
50円玉1つと10円玉2つでいくら?がわからない。
「これは?」
「50円」
「そうね。じゃあこれ(50円)とこれで(10円2つ)いくら?」
「・・・30円・・・」
枚数聞いてるわけじゃないですけど・・・
10円玉を5枚用意して50円玉の隣に置き、
「これとこれは一緒だよ!これ(10円玉5枚)とこれ(10円玉2枚)でいくら?」
と聞けば「70円」と答えられる。

小学生の時ブロックで[5]の塊が見てわかるようになる教材使った時も、理解できず、今お金を使ってもやっぱり理解できず。
ここが花の算数理解の限界でしょうか・・・

別に50円玉がわからないわけでもないし、50円と20円で70円払わなくても、100円玉払えば買い物は出来るし。
実生活でそんなに困ることもないでしょう。

・・・でもね、学校の先生とかデイの指導員は理解させたがるんだよね・・・
教育者ってそんなものかな~。
私としてはそこに時間かけるより、花が出来る別の課題に時間使って、そっちを上達させたほうが有意義だと思うのですが…

画数の多い漢字を書かせようとしたり、[5]の塊を理解させようとしたり。
そろそろ花を開放してくれないかな~。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-03-02 11:10 | はなちゃんのこと | Comments(0)

ずっと誰かの[一番]になりたかった

母にとって一番可愛いのは兄。
父にとって一番可愛いのは妹。
子供の頃、私はそんな風に思っていた。
もちろん両親は私をとても愛してくれた。
でも、どちらにとっても私は二番目。(もしかしたら3番目だったのかも。)

私はその子のことを一番の友達と思っていても、その子には他に一番が必ずいて・・・
いつもそうだった気がする。

ずっと誰かにとっての一番の存在になりたかった。

今の私は、太郎にとっての一番の存在。
花にとっての一番の存在。

その思いが私を強くする。
この子たちのために頑張るエネルギーになる。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-02-24 11:04 | 自分のこと | Comments(0)

今年もよろしくお願い致します。

明けましておめでとうございます。

今年も太郎と花ちゃんをよろしくお願いいたします。



毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-01-01 16:04 | その他 | Comments(0)

寄り添おうとする心

先週のEテレハートネトTV。
言葉のない重度の障害のある方に寄り添っている職員の方々の姿を見ていて思ったこと。

言葉がないからって心がないわけではない。
言葉にできなくたって、思いはある。
それをいかにわかろうとするか。
「これでいいよね」と勝手に決めず、選択肢を用意し、これがいいですか?それともこれ?と聞きながら相手のわずかな変化を見逃さないようにしていた。

自分は子供たちの心に寄り添おうとしているか。
わかったつもりになっていないか。
この子たちはこういう子だからこれで大丈夫!って勝手に決めていないか。

そんなことを考えていたら、花が小さかった時のことを思い出した。
まだ2歳くらいの頃。
買い物の行き帰りに通る道。
高い上のほうをじ~っと見つめる花。
帰りなんてベビーカーの中から乗り出すように振り返って一点を見つめていた。
花の目に映るものが知りたくて、ベビーカーの横にしゃがみ込み、花の目線に合わせて空を見上げたっけ。
そこに見えるのは背の高いマンションと青い空。
その景色のどこが花の心をとらえるのか知りたくて、一緒に見上げていたあの頃。
~はなちゃん、何がみえるの?そんなに一生懸命何を見てるの?~

太郎と違い、心が通じるって感覚の乏しかった花。
なんとか花の心を知りたくて、寄り添いたくて。

太郎のことだってわかっているつもりになっていないか。
もう高校生。
いつまでもお母さんだけが頼りだった小さな太郎ではないものね。

わかっているつもりになるのではなく
寄り添おうとする心を忘れないようにしたい。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-12-14 09:56 | ふたりのこと | Comments(0)

「じぶんで やった」を連発する

療育センターに通っていた頃、「自己評価の高いお子さんですね。」と、児童精神科の先生に褒められた花ちゃん。
最近「じぶんで やった」を連発する。

自分一人で頑張っていることを私に褒めてほしいらしい。
その行為は小学生の頃の太郎に似ている。

不安で仕方なく自己評価の低かった太郎。
成功体験を繰り返し話し、「あの時僕頑張ったよね?」と私に何度も確認を求めてきた。
「うん。頑張ったよ。えらかったね。」と、何度褒めたかわからない。
そうやって不安に押しつぶされそうな自分の心を奮い立たせていた太郎。

最近の花の「自分で学校に行ったの」「自分でお風呂はいったの。」etc.
幼児の頃の「できた(^^)」と自分を褒めていた頃の天真爛漫さはなく、「花ちゃん頑張ってて偉いね。」という私の言葉を求めている様子がちょっと痛々しささえ感じてしまう。

何がそんなに不安なのか。
どう言ってあげたら安心させてあげられるのか。
今はただ抱きしめて「一人で頑張ってて偉いね。」と、頭を撫でてあげることくらいしか出来なくてもどかしい。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-11-25 11:13 | はなちゃんのこと | Comments(2)

Happy Birthday to 花ちゃん

花ちゃん 14歳のお誕生日おめでとう。

14年前お父さんとお母さんのところに生まれて来てくれてありがとう。

この1年があなたにとって素敵な1年になりますように。


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-11-15 15:05 | はなちゃんのこと | Comments(0)

Happy Birthday to 太郎

太郎君 16歳のお誕生日おめでとう。

お父さんとお母さんのところに生まれてきてくれてありがとう。


高校生になって休むこともなく、毎日学校に通っているね。

今の学校に決めて本当に良かったと思っています。

この1年が貴方にとって素敵な年になりますように。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-10-13 08:30 | Comments(0)

息子とデート

息子とデート。
行先は・・・区のスポーツセンター。

太郎の学校はグラウンドも無ければ体育館も無いビルの中。
体育の授業は近隣の体育館を借りての球技ばかり。
その体育も体育館が借りられなければ教室でビデオ鑑賞になってしまったり。

運動大好きな太郎君。
最近運動不足気味。
個人面談で担任に「もっと運動したい!」と話したら「じゃあジムでも通えば?」とアドバイスされたとのこと。

フィットネスクラブに入会させてもいいけど、月謝がね・・・
区のスポーツセンターは1回300円!

問題は太郎君、一人で運動出来ないのです。
ランニングをするときも、近くの川の遊歩道まで一緒に行かないと走らない。
一緒に走る必要はないけど、その場まで一緒に行って見ていてあげないと行くこと自体を拒否。
一緒に行ってあげないとやらない(-_-;)

ということで、一緒にスポーツセンターへ。
しかも今回はスポーツセンター初ということで、私も一緒に運動しないと行かないと言う(-_-;)
・・・お母さんジャージなんて持ってないよ・・・
仕方ないから旦那のスポーツウエア借りました(*_*;

まずはランニングマシンから。
4時近くのスポーツセンターはガラガラで、並んで走ることが出来ました。
太郎はどんどんスピードを上げて走り、私は少しずつ上げて早歩きぐらい。
でも並んで一緒に運動できる。
もっとスピード上げてごらん!などど横からアドバイスしながら出来るので、太郎は嬉しそうだったし、私も思った以上に楽しかった。
後半は私は横であれこれ声をかけるだけで運動しなかったけど、一緒にできるって楽しい。

なれたら一人で行く!と言っていた太郎ですが、やはり一人で黙々とやるのはつまらないとおもったのか、「来週も一緒にいこう!」と誘ってきました。
普段ほとんど運動しない私。
週に1回軽く運動するのもいいかもしれません。
高校生の息子とスポーツデートなんてちょっとステキでしょ(^^♪

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-10-13 08:22 | たろうのこと | Comments(0)

~夢でもし会えたら~

昨日の夢は13年前に亡くなった父の夢。
実家は理容店で、父が仕事をしていて。
私はそばで手伝いながら、たわいのない話をしていた。

父が亡くなってから、何度こんな夢を見たかしら。
夢の中でたいてい父は仕事をしていて。
私はお店を手伝っていて。
それが日常だったんだな~って思う。

母が亡くなって1か月以上。
いまだ母は夢に出てきてくれない。
四十九日の法要も無事済んだことだし、そろそろ夢に出てきてくれないかしら。

~夢でもし会えたら素敵なことね~
そんな歌があったな。
夢の中でいいから、母に会いたいな。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-09-20 09:05 | その他 | Comments(0)

想像力を総動員して原因を考える

最近休みが多いぞ・・・
今度は太郎ではなく、花です・・・

花は学校大好き少女で、朝具合が悪くてもその後治れば「がっこういく!」と、途中からでも学校へ行きたがるような子でした。
それが中学に入学してからは、朝調子が悪ければそのまま一日お休みするようになりました。
まあそれだけなら普通のこと。
遅刻で学校行くのっていやですもんね。
生理痛が重い子なので、月1回は「おなかいたい(ToT)」とお休みしてました。

2学期が始まって3週間目。
今日で4回目の欠席です。
最初の週は2回。
先週1回。
今朝も家を出る直前になって「おなか痛い…」と言い出しました。

本当におなかが痛いのかもしれないけど、朝起きぬけに「おなか痛いから学校休みするの」と言っていたのに8時には元気はつらつしてるから「学校行く?」と聞くと「いかない!」と言い張る。
・・・それってサボりっていうんだよ(-_-;)

中度の知的障害のある花。
自分の気持ちを上手く言葉にすることが出来ません。
もしかしたら学校でいやなことがあるのかもしれません。
でも外で頑張るタイプの子なので、学校では特に変わった様子はないそうです。

~思春期だから~で片づけず、想像力を総動員して原因を考えなければ。
なかなか正解にはたどり着けないんだけどね・・・

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-09-14 08:56 | はなちゃんのこと | Comments(0)

スイカ落ちちゃったの(ToT)

昨日花が泣きそうな顔で学校から帰ってきて
「スイカ落ちちゃったの(ToT)」と、泣きだしました。
手には破れた紙袋。
スイカはどこか聞いたらリュックの中だという。
リュックを開けて入っていたのがこれ。
b0148044_07315256.jpg

泣きじゃくる花を抱きしめ「偉かったね。よく頑張ったね。」と慰めましたがしばらく泣いていました。

支援級の畑で育てた小玉スイカ。
校門を出てすぐあたりで袋が破けて落ちたらしい。
ヒビの入ったスイカを見てきっとパニックだったでしょうに。
それでも頑張ってリュックの中にしまって、一生懸命家まで帰ってきたのでしょう。

リュックの中は・・・スイカの果汁でベトベト・・・
リュック洗って、プリント類はアイロンをかけて。

花が頑張って持ち帰ったスイカ。
とっても甘かったです。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-09-07 07:31 | はなちゃんのこと | Comments(0)

愛の手帳の更新

昨日3年ぶりに児童相談所に行って、花の発達検査を受けてきまいた。
台風10号が心配でしたが、幸い大きな影響もなく、行くことができほっとしました。
だって予約が詰まってて、キャンセルしちゃうと次がいつになるかわからない((+_+))

初めて児相で発達検査を受けたときは、20分くらいで検査終了した花。
今回50分くらいかけてしっかりと検査を受けられたようです。

3年前は緊張していたとの所見があったようですが、今回は緊張することもなく、だからと言ってくだけ過ぎることもなく、まじめに頑張ったそうです。
前回できたのに今回できない問題があったりと、凸凹が際立っていたよう。
また、抽象的な概念もわかり始めたそうです。

児童相談所は手帳の判定基準に使うのが目的なので、検査の数値は教えてくれません。
でも3年前とほぼ同じくらい。
会議を経て決定しますが、たぶん今までと同じB1(中度)の判定になるでしょうとのこと。
「前回と同じくらいの数値ということは着実に成長してますよ。」と言われました。

花は花のペースでゆっくり、でも着実に成長している。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-08-31 08:18 | はなちゃんのこと | Comments(0)

おばあちゃん どこ いっちゃったの?

先日母が亡くなりました。
78歳でした。
癌で、今年3月にわかった時にはもうなすすべもなく。
あれから5か月。
よく頑張ったと思います。
母の病がわかってから、入院中も在宅中も欠かさず実家通いをしていました。
後半3か月間はずっと入院していたので、時間が許す限り長く病室でついていることを心がけました。
母が少しでもさみしい思いをしなくてもいいように。

学校が休みの日には花は必ず、太郎は隔週くらいでお見舞いに行ったでしょうか。
二人におばあちゃんの病状は伝えていませんでしたが、花はともかくとして、太郎はうすうすあまり長くないことを察していたのかもしれません。

入院中、高熱が出たり小さな手術があったりで私がなかなか帰れない時、太郎は花のデイのお迎えをしてくれ、二人でお父さんが帰ってくるまで留守番してくれました。
特に何もなくても、お風呂洗いと洗濯物を取り込んだり、家事も手伝ってくれ、とても助かりました。

母が亡くなった日、太郎はお父さんと病院に駆け付け、実家へ戻るのも立ち会いました。
私と妹が葬儀社の方と打ち合わせの間、別室で実家の愛犬を抱え待っていてくれました。
帰りの車の中で主人に母の最期の話をしていたら、助手席で静かに泣いていたので「さっきも一人で泣いてた?」と聞いたら小さくうなずきました。
声を殺して一人耐えながら泣く太郎。
小さいころから変わらないね。

花には特に何も話さないままお通夜当日を迎えました。
実家に着き、布団に寝ているおばあちゃんを見て、なにかいつもと違うものを感じたのでしょう。
私の手を引っ張り、外へ行こうと必死の様子。
二人で車の中で待つことに。
車にはいるやいなや号泣する花。

最初は「アイカツ!がやりたいの!」とか言いながら泣いていましたが、途中「おばあちゃん さみしいよ~」と言いながら泣いていました。

その後は私から離れようとせず、何をするにも私の手を取りぴったり寄り添ってついて回っていました。
お通夜の最中私の手を引っ張り、外に出ようと声に出さずに訴えてくる花。
とにかくお焼香が済むまで頑張らせ、ロビーで待つことに。
その間も泣きじゃくり。

告別式。
席に着くのを嫌がる花。
それでも何とかつかせましたが、あまりにもかわいそうで中座。
親族控室で泣きじゃくる花の肩を抱きながら考えていました。
当日朝から生理が始まった花。
もともと生理痛がひどく、始まった日は学校を休むほど。(2~3時間寝ると元気になります。)
おなかも痛い、心も痛い。
こんな状態の花をこのまま無理させいていいのか。
きっとおばあちゃんなら「花ちゃんがかわいそうだから家で休ませてあげて」と言ってくれるに違いない。
そう決心し、主人にあとのことを頼み、忌中払いまでには戻ることを告げ、花を連れ家に戻りました。

自宅の戻り痛み止めを飲んでぐっすり眠る花。
私はひとりリビングで母のことを考えていました。

2時間ほどで起こしに行くと、なんとか元気を取り戻してくれました。
「ご飯を食べに会場に戻るよ。近くのお店にアイカツ!あるよ。」と告げると「いく!」と元気な声。
戻ってからは泣くこともなく、元気に笑顔で過ごすことができました。

夜、ベッドに入ってから花が聞いてきました。
「おばあちゃん どこ いっちゃったの?」
「おばあちゃんはね、お空の遠いところにある天国に行ったんだよ。もう会えないけど、天国から花ちゃんと太郎のことを見守っていてくれるんだよ。」
「・・・もう〇〇(実家の地名)にはいないのか~・・・」
淡々とした花の言葉。

おばあちゃんが亡くなったことを理解できたのかどうかわかりません。
でももうおばあちゃんの家に行っても病院に行っても、おばあちゃんはいないということはなんとなく理解したように思えました。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-08-17 08:58 | 家族 | Comments(0)

happy birthday to 私

今日は51回目の私の誕生日

お母さん 51年前私を生んでくれてありがとう

このままもう少しおだやかな日々が続きますように


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-07-14 14:04 | 自分のこと | Comments(0)

今度は私の番

9年前太郎が一人で小学校に行かれなくなった時、母は毎日花の面倒を見るため、我が家まで通ってきてくれた。
徒歩とバスで50分ほどの道のりを毎日毎日雨の日も風の日も休みなく。
太郎を小学校まで送り、帰ってくるまでの30分ちょっと。
花の相手をしていてくれた。
太郎がぐずってしまいうまく分離が出来ないときは、花を療育センター通園の送迎バスまで送ってくれた。
時には私の代わりに親子通園日まで行ってくれた。

今、9年前母が通ってくれた道を逆ルートで母の元へ通っている。
毎日毎日雨の日も風の日も。
日中一人になってしまう母の様子を見るために。
行って特に何かをするわけでもなく、一緒にテレビを見ながらたわいのない話をするくらい。

入院している方がある意味安心だけど、あとどれくらいあるかわからない日々を、少しでも住み慣れた我が家で過ごさせてあげたい。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-04-12 16:34 | その他 | Comments(0)

自分で選んで進んでいく

太郎君中学校を卒業しました。
寒い雨の中、体育館は冷え切っていて、最初はウルウルきていましたが、後半は早く終わって!と思うほど寒かったです(>_<)

たくさんの祝辞の中で心に残ったこと。

「中学卒業は義務教育からの卒業でもあります。
 これからは自分で選んで進んでいくことになります。」

これからの教育は義務ではない。
自ら望んで選んで受けることになる。
もちろん義務教育じゃなくたって、学校はそれなりに守ってくれるけど、退学になることもあるんですよね・・・

まだまだ自分で選んで進んでいくなんて、簡単には出来ない。
まだまだお父さんとお母さんがあなたを守っていきます。
でもいずれ、自らの考えで進んでいく時が来るのでしょう。
そうなって欲しいと思います。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-03-16 08:25 | たろうのこと | Comments(0)

感動して涙する

すでに1ヶ月経ってしまいましたが、花ちゃん元気にスキー教室から帰ってきました。
予定より少し遅れてバス到着!

「スキー楽しかった!スキー滑った!」と花ちゃん。
えっ?滑ったの?雪遊びのつもりでいたのに・・・

驚いていたら先生から報告が。
「花ちゃんもAちゃんもB君もスキー滑りましたよ。今日なんて3回もリフト乗りました。
 花ちゃん初めて滑れた時に『滑れた!』って言って泣いたんです。それを見てこちらまで感動してもらい泣きしちゃいました。」

怖いからスキー出来ないといっていた花。
雪だるま作って、雪合戦して、ソリで少し滑れたらそれでいいと思って送り出しました。
先生もそんな風に言ってたし。
でも実際は初日から板を履き、滑る練習をしたそうです。

きっとなかなかスキー靴や板に慣れず、苦労したんでしょう。
いったいどれくらい練習した後かはわかりませんが、ス~っと少し滑って。
どれだけうれしかったんでしょうか。
「滑れた!」と感動の涙。
その場に居られなかったのが悔しいくらいです。

あの表情の乏しかった子が感動して涙するまでに成長したのね。
先生の話を聞いて私まで思わず涙ぐんでしまいました。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-02-10 08:39 | はなちゃんのこと | Comments(0)

スキー教室

花ちゃん今朝7時、元気にスキー教室に出発しました!

太郎がスキー教室に行った2年前から「わたしスキー行かないの!」と言い張っていたのに、9月末旅行代金締め切り2日前になって急に「スキー行くの!」と言いだした。
先生方が一生懸命気持ちを盛り上げ、花を行く気にさせてくれました。
「スキー楽しみ♪」とまで言うように。

支援級4人のうち3人はゆっくりタイプの子なので、3人は同じスキー班。
普通はホテルからゲレンデまで10分くらい歩いて移動なのに、花たちは車。
実習も30分くらい早く切り上げ、ホテルでゆっくり過ごせるよう別プログラムを組んでくださいました。
「今回は」甘甘モードでいきます!『スキーに行かれた』事が大切だと思いますから。」
先生そんな風に仰いました。

雪だるま作って、雪合戦して、ソリで遊んで。
少しはスキー板履いて滑れたらいいね。

明後日「スキー楽しかった♪」って元気に帰って来てね!

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-01-13 09:59 | はなちゃんのこと | Comments(4)

親心か 親の勝手か

2日に日の出を見に海ほたるへ行きました。
元旦夕方「明日早起きして(2日だけど)初日の出を見に行こう!」と、お父さんが言いだしたときは冗談かと思った。
翌日5時過ぎに起こされ、本気だったんだ・・・と驚いたくらい。

初日の出ではないけど、海ほたるにはたくさんの人が日の出を見に来ていました。
ちょっと雲はあったけど、かえってその雲に朝日があたりオレンジ色に輝いて綺麗だったな~。

朝早く起こされたけど、綺麗なものを見られて私はそれなりに満足。
でも子どもたち・・・特に太郎にとっては迷惑以外の何物でもなかったらしい。
冬休みでいつもより夜更かししてテレビを見てるからほんとはもっとゆっくり寝ていたかったのに・・・
日の出もろくに見ずにふてくされてた・・・

帰りの車の中で「お父さん東京の街をすこしドライブしたいんだけどいいかな?」とお父さんが言ったら
「いやだ!帰りたい!」と太郎。
父「いいじゃないか~少しくらい。お父さんみんなに初日の出見せたくて頑張ったんだから!」
太郎「もっと寝てたかったのに朝から付き合ってあげたんだから、少しはこっちの気持ちもわかってよ!」
父「なんだ!その言い方は!親に向かって!もういい!帰る!」
・・・お父さん怒っちゃいました・・・

お父さんの気持ちもわかる。
家族みんなで綺麗な日の出を見て新年を祝いたかったんでしょう。
朝の都会をドライブして、車の少ない街並みを子どもたちに見せたかったのかも。
子どもたちにいろんな経験をさせてあげたい親心。
それなのに「付き合ってあげた」なんて言われて・・・

でも太郎の気持ちもよくわかる。
行きたいなんて一言も言ってないのに勝手に予定立てて連れ出しておいて!
僕は早く帰って寝たいんだ!
初日の出なんてどうでもいい!
太郎にしてみたらお父さんのわがままにつきあわされ迷惑・・・ってとこなんでしょう。

家に着いたら太郎も花もホントに寝ちゃいました。
(8時頃帰宅、お昼過ぎまで起きませんでした。)
お父さんはひとり怒ったまま近くのスーパー銭湯に朝湯に行き、そのまま夕方まで帰ってきませんでした。

正月2日から一人ぼっちの私って・・・
もやもやを抱えたままひとり箱根駅伝観てました・・・

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-01-07 15:31 | 家族 | Comments(0)

普通級から支援級に移った我が家は成功例!?

昨日花が小さい頃からお世話になった支援者の方とお話をする機会がありました。

名前は出さないけどね~幼児訓練会で話をするのよ!支援級に移って落ち着いてリーダーになってとても成長した子がいるって。
あの時支援級に移るって決断したことが〇家(我が家の子と)にとって成功だったね。
良く決断したね!

療育にかかわる方々に「良く決断したね。」とお褒めの言葉をいただく。
でもあの時それしか選択肢は無かったと思う。
そうでなければ不登校になり、引きこもり・・・そんな太郎を私は許せず、余計追い詰め・・・
想像したくもないです。

「支援級に移るって事も出来るんだよ。」教室に入れなくなっていた太郎にそう話した。
「今のクラスが好きだから行きたくない!」そう言っていた太郎が「はやく支援級に行きたい!」と泣きじゃくったのは3カ月くらい後だったかな。
支援級に移ってからは、本来の明るさを取り戻し、今までにはなかったリーダーシップまで身につけ、人間として成長した太郎。
確かに成功例なのかもしれません。

普通級から支援級に行くことは失敗ではありません。
落ちこぼれたわけでもありません。
その子の持った能力を発揮できる場を与えてあげることは[負け]ではないのです。

支援者の先生が「私も昔はなんとか言葉を尽くしてお母さんが考え直すよう(子どもに無理をさせないように)説得したもんだけど、歳かしらね~最近お母さんがそう思うなら(どうしても普通級に入れたいとか)もういいかな・・・ってあきらめるようになっちゃったわ~」って苦笑いをされてた。

正に10年前、私が花を年少から幼稚園に入れようとしていた暴挙を先生は必死に説得してくださった。
[太郎は幼稚園に入って伸びた!だから花も幼稚園に入れて同い年の集団に入れればいろいろな影響をうけて伸びるはず!]って思っていた私に「今花ちゃんに必要なのは同世代のお友達ではなく、信頼できる大人との一対一の関係!」と力説された先生。
療育センターの臨床心理士の先生にも同じことを言われ、[仕方ない・・・プロが2人して同じことを言うなら年少はあきらめよう・・・]と、しぶしぶ幼稚園をあきらめた私。
それから1年もせずに「あの時よく私を止めてくださいました。」と感謝したものです。

後輩ママ達が先生の忠告に耳を傾けることを願ってやみません。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-11-27 10:44 | 療育 | Comments(0)

Happy birthday to 花ちゃん

花ちゃん13歳のお誕生日おめでとう♪

この1年があなたにとって素晴らしいものになりますように。


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-11-15 07:15 | はなちゃんのこと | Comments(0)