「ほっ」と。キャンペーン

今年もよろしくお願い致します。

明けましておめでとうございます。

今年も太郎と花ちゃんをよろしくお願いいたします。



毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2017-01-01 16:04 | その他 | Comments(0)

寄り添おうとする心

先週のEテレハートネトTV。
言葉のない重度の障害のある方に寄り添っている職員の方々の姿を見ていて思ったこと。

言葉がないからって心がないわけではない。
言葉にできなくたって、思いはある。
それをいかにわかろうとするか。
「これでいいよね」と勝手に決めず、選択肢を用意し、これがいいですか?それともこれ?と聞きながら相手のわずかな変化を見逃さないようにしていた。

自分は子供たちの心に寄り添おうとしているか。
わかったつもりになっていないか。
この子たちはこういう子だからこれで大丈夫!って勝手に決めていないか。

そんなことを考えていたら、花が小さかった時のことを思い出した。
まだ2歳くらいの頃。
買い物の行き帰りに通る道。
高い上のほうをじ~っと見つめる花。
帰りなんてベビーカーの中から乗り出すように振り返って一点を見つめていた。
花の目に映るものが知りたくて、ベビーカーの横にしゃがみ込み、花の目線に合わせて空を見上げたっけ。
そこに見えるのは背の高いマンションと青い空。
その景色のどこが花の心をとらえるのか知りたくて、一緒に見上げていたあの頃。
~はなちゃん、何がみえるの?そんなに一生懸命何を見てるの?~

太郎と違い、心が通じるって感覚の乏しかった花。
なんとか花の心を知りたくて、寄り添いたくて。

太郎のことだってわかっているつもりになっていないか。
もう高校生。
いつまでもお母さんだけが頼りだった小さな太郎ではないものね。

わかっているつもりになるのではなく
寄り添おうとする心を忘れないようにしたい。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-12-14 09:56 | ふたりのこと | Comments(0)

「じぶんで やった」を連発する

療育センターに通っていた頃、「自己評価の高いお子さんですね。」と、児童精神科の先生に褒められた花ちゃん。
最近「じぶんで やった」を連発する。

自分一人で頑張っていることを私に褒めてほしいらしい。
その行為は小学生の頃の太郎に似ている。

不安で仕方なく自己評価の低かった太郎。
成功体験を繰り返し話し、「あの時僕頑張ったよね?」と私に何度も確認を求めてきた。
「うん。頑張ったよ。えらかったね。」と、何度褒めたかわからない。
そうやって不安に押しつぶされそうな自分の心を奮い立たせていた太郎。

最近の花の「自分で学校に行ったの」「自分でお風呂はいったの。」etc.
幼児の頃の「できた(^^)」と自分を褒めていた頃の天真爛漫さはなく、「花ちゃん頑張ってて偉いね。」という私の言葉を求めている様子がちょっと痛々しささえ感じてしまう。

何がそんなに不安なのか。
どう言ってあげたら安心させてあげられるのか。
今はただ抱きしめて「一人で頑張ってて偉いね。」と、頭を撫でてあげることくらいしか出来なくてもどかしい。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-11-25 11:13 | はなちゃんのこと | Comments(2)

Happy Birthday to 花ちゃん

花ちゃん 14歳のお誕生日おめでとう。

14年前お父さんとお母さんのところに生まれて来てくれてありがとう。

この1年があなたにとって素敵な1年になりますように。


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-11-15 15:05 | はなちゃんのこと | Comments(0)

Happy Birthday to 太郎

太郎君 16歳のお誕生日おめでとう。

お父さんとお母さんのところに生まれてきてくれてありがとう。


高校生になって休むこともなく、毎日学校に通っているね。

今の学校に決めて本当に良かったと思っています。

この1年が貴方にとって素敵な年になりますように。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-10-13 08:30 | Comments(0)

息子とデート

息子とデート。
行先は・・・区のスポーツセンター。

太郎の学校はグラウンドも無ければ体育館も無いビルの中。
体育の授業は近隣の体育館を借りての球技ばかり。
その体育も体育館が借りられなければ教室でビデオ鑑賞になってしまったり。

運動大好きな太郎君。
最近運動不足気味。
個人面談で担任に「もっと運動したい!」と話したら「じゃあジムでも通えば?」とアドバイスされたとのこと。

フィットネスクラブに入会させてもいいけど、月謝がね・・・
区のスポーツセンターは1回300円!

問題は太郎君、一人で運動出来ないのです。
ランニングをするときも、近くの川の遊歩道まで一緒に行かないと走らない。
一緒に走る必要はないけど、その場まで一緒に行って見ていてあげないと行くこと自体を拒否。
一緒に行ってあげないとやらない(-_-;)

ということで、一緒にスポーツセンターへ。
しかも今回はスポーツセンター初ということで、私も一緒に運動しないと行かないと言う(-_-;)
・・・お母さんジャージなんて持ってないよ・・・
仕方ないから旦那のスポーツウエア借りました(*_*;

まずはランニングマシンから。
4時近くのスポーツセンターはガラガラで、並んで走ることが出来ました。
太郎はどんどんスピードを上げて走り、私は少しずつ上げて早歩きぐらい。
でも並んで一緒に運動できる。
もっとスピード上げてごらん!などど横からアドバイスしながら出来るので、太郎は嬉しそうだったし、私も思った以上に楽しかった。
後半は私は横であれこれ声をかけるだけで運動しなかったけど、一緒にできるって楽しい。

なれたら一人で行く!と言っていた太郎ですが、やはり一人で黙々とやるのはつまらないとおもったのか、「来週も一緒にいこう!」と誘ってきました。
普段ほとんど運動しない私。
週に1回軽く運動するのもいいかもしれません。
高校生の息子とスポーツデートなんてちょっとステキでしょ(^^♪

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-10-13 08:22 | たろうのこと | Comments(0)

~夢でもし会えたら~

昨日の夢は13年前に亡くなった父の夢。
実家は理容店で、父が仕事をしていて。
私はそばで手伝いながら、たわいのない話をしていた。

父が亡くなってから、何度こんな夢を見たかしら。
夢の中でたいてい父は仕事をしていて。
私はお店を手伝っていて。
それが日常だったんだな~って思う。

母が亡くなって1か月以上。
いまだ母は夢に出てきてくれない。
四十九日の法要も無事済んだことだし、そろそろ夢に出てきてくれないかしら。

~夢でもし会えたら素敵なことね~
そんな歌があったな。
夢の中でいいから、母に会いたいな。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-09-20 09:05 | その他 | Comments(0)

想像力を総動員して原因を考える

最近休みが多いぞ・・・
今度は太郎ではなく、花です・・・

花は学校大好き少女で、朝具合が悪くてもその後治れば「がっこういく!」と、途中からでも学校へ行きたがるような子でした。
それが中学に入学してからは、朝調子が悪ければそのまま一日お休みするようになりました。
まあそれだけなら普通のこと。
遅刻で学校行くのっていやですもんね。
生理痛が重い子なので、月1回は「おなかいたい(ToT)」とお休みしてました。

2学期が始まって3週間目。
今日で4回目の欠席です。
最初の週は2回。
先週1回。
今朝も家を出る直前になって「おなか痛い…」と言い出しました。

本当におなかが痛いのかもしれないけど、朝起きぬけに「おなか痛いから学校休みするの」と言っていたのに8時には元気はつらつしてるから「学校行く?」と聞くと「いかない!」と言い張る。
・・・それってサボりっていうんだよ(-_-;)

中度の知的障害のある花。
自分の気持ちを上手く言葉にすることが出来ません。
もしかしたら学校でいやなことがあるのかもしれません。
でも外で頑張るタイプの子なので、学校では特に変わった様子はないそうです。

~思春期だから~で片づけず、想像力を総動員して原因を考えなければ。
なかなか正解にはたどり着けないんだけどね・・・

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-09-14 08:56 | はなちゃんのこと | Comments(0)

スイカ落ちちゃったの(ToT)

昨日花が泣きそうな顔で学校から帰ってきて
「スイカ落ちちゃったの(ToT)」と、泣きだしました。
手には破れた紙袋。
スイカはどこか聞いたらリュックの中だという。
リュックを開けて入っていたのがこれ。
b0148044_07315256.jpg

泣きじゃくる花を抱きしめ「偉かったね。よく頑張ったね。」と慰めましたがしばらく泣いていました。

支援級の畑で育てた小玉スイカ。
校門を出てすぐあたりで袋が破けて落ちたらしい。
ヒビの入ったスイカを見てきっとパニックだったでしょうに。
それでも頑張ってリュックの中にしまって、一生懸命家まで帰ってきたのでしょう。

リュックの中は・・・スイカの果汁でベトベト・・・
リュック洗って、プリント類はアイロンをかけて。

花が頑張って持ち帰ったスイカ。
とっても甘かったです。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-09-07 07:31 | はなちゃんのこと | Comments(0)

愛の手帳の更新

昨日3年ぶりに児童相談所に行って、花の発達検査を受けてきまいた。
台風10号が心配でしたが、幸い大きな影響もなく、行くことができほっとしました。
だって予約が詰まってて、キャンセルしちゃうと次がいつになるかわからない((+_+))

初めて児相で発達検査を受けたときは、20分くらいで検査終了した花。
今回50分くらいかけてしっかりと検査を受けられたようです。

3年前は緊張していたとの所見があったようですが、今回は緊張することもなく、だからと言ってくだけ過ぎることもなく、まじめに頑張ったそうです。
前回できたのに今回できない問題があったりと、凸凹が際立っていたよう。
また、抽象的な概念もわかり始めたそうです。

児童相談所は手帳の判定基準に使うのが目的なので、検査の数値は教えてくれません。
でも3年前とほぼ同じくらい。
会議を経て決定しますが、たぶん今までと同じB1(中度)の判定になるでしょうとのこと。
「前回と同じくらいの数値ということは着実に成長してますよ。」と言われました。

花は花のペースでゆっくり、でも着実に成長している。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-08-31 08:18 | はなちゃんのこと | Comments(0)

おばあちゃん どこ いっちゃったの?

先日母が亡くなりました。
78歳でした。
癌で、今年3月にわかった時にはもうなすすべもなく。
あれから5か月。
よく頑張ったと思います。
母の病がわかってから、入院中も在宅中も欠かさず実家通いをしていました。
後半3か月間はずっと入院していたので、時間が許す限り長く病室でついていることを心がけました。
母が少しでもさみしい思いをしなくてもいいように。

学校が休みの日には花は必ず、太郎は隔週くらいでお見舞いに行ったでしょうか。
二人におばあちゃんの病状は伝えていませんでしたが、花はともかくとして、太郎はうすうすあまり長くないことを察していたのかもしれません。

入院中、高熱が出たり小さな手術があったりで私がなかなか帰れない時、太郎は花のデイのお迎えをしてくれ、二人でお父さんが帰ってくるまで留守番してくれました。
特に何もなくても、お風呂洗いと洗濯物を取り込んだり、家事も手伝ってくれ、とても助かりました。

母が亡くなった日、太郎はお父さんと病院に駆け付け、実家へ戻るのも立ち会いました。
私と妹が葬儀社の方と打ち合わせの間、別室で実家の愛犬を抱え待っていてくれました。
帰りの車の中で主人に母の最期の話をしていたら、助手席で静かに泣いていたので「さっきも一人で泣いてた?」と聞いたら小さくうなずきました。
声を殺して一人耐えながら泣く太郎。
小さいころから変わらないね。

花には特に何も話さないままお通夜当日を迎えました。
実家に着き、布団に寝ているおばあちゃんを見て、なにかいつもと違うものを感じたのでしょう。
私の手を引っ張り、外へ行こうと必死の様子。
二人で車の中で待つことに。
車にはいるやいなや号泣する花。

最初は「アイカツ!がやりたいの!」とか言いながら泣いていましたが、途中「おばあちゃん さみしいよ~」と言いながら泣いていました。

その後は私から離れようとせず、何をするにも私の手を取りぴったり寄り添ってついて回っていました。
お通夜の最中私の手を引っ張り、外に出ようと声に出さずに訴えてくる花。
とにかくお焼香が済むまで頑張らせ、ロビーで待つことに。
その間も泣きじゃくり。

告別式。
席に着くのを嫌がる花。
それでも何とかつかせましたが、あまりにもかわいそうで中座。
親族控室で泣きじゃくる花の肩を抱きながら考えていました。
当日朝から生理が始まった花。
もともと生理痛がひどく、始まった日は学校を休むほど。(2~3時間寝ると元気になります。)
おなかも痛い、心も痛い。
こんな状態の花をこのまま無理させいていいのか。
きっとおばあちゃんなら「花ちゃんがかわいそうだから家で休ませてあげて」と言ってくれるに違いない。
そう決心し、主人にあとのことを頼み、忌中払いまでには戻ることを告げ、花を連れ家に戻りました。

自宅の戻り痛み止めを飲んでぐっすり眠る花。
私はひとりリビングで母のことを考えていました。

2時間ほどで起こしに行くと、なんとか元気を取り戻してくれました。
「ご飯を食べに会場に戻るよ。近くのお店にアイカツ!あるよ。」と告げると「いく!」と元気な声。
戻ってからは泣くこともなく、元気に笑顔で過ごすことができました。

夜、ベッドに入ってから花が聞いてきました。
「おばあちゃん どこ いっちゃったの?」
「おばあちゃんはね、お空の遠いところにある天国に行ったんだよ。もう会えないけど、天国から花ちゃんと太郎のことを見守っていてくれるんだよ。」
「・・・もう〇〇(実家の地名)にはいないのか~・・・」
淡々とした花の言葉。

おばあちゃんが亡くなったことを理解できたのかどうかわかりません。
でももうおばあちゃんの家に行っても病院に行っても、おばあちゃんはいないということはなんとなく理解したように思えました。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-08-17 08:58 | 家族 | Comments(0)

happy birthday to 私

今日は51回目の私の誕生日

お母さん 51年前私を生んでくれてありがとう

このままもう少しおだやかな日々が続きますように


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-07-14 14:04 | 自分のこと | Comments(0)

今度は私の番

9年前太郎が一人で小学校に行かれなくなった時、母は毎日花の面倒を見るため、我が家まで通ってきてくれた。
徒歩とバスで50分ほどの道のりを毎日毎日雨の日も風の日も休みなく。
太郎を小学校まで送り、帰ってくるまでの30分ちょっと。
花の相手をしていてくれた。
太郎がぐずってしまいうまく分離が出来ないときは、花を療育センター通園の送迎バスまで送ってくれた。
時には私の代わりに親子通園日まで行ってくれた。

今、9年前母が通ってくれた道を逆ルートで母の元へ通っている。
毎日毎日雨の日も風の日も。
日中一人になってしまう母の様子を見るために。
行って特に何かをするわけでもなく、一緒にテレビを見ながらたわいのない話をするくらい。

入院している方がある意味安心だけど、あとどれくらいあるかわからない日々を、少しでも住み慣れた我が家で過ごさせてあげたい。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-04-12 16:34 | その他 | Comments(0)

自分で選んで進んでいく

太郎君中学校を卒業しました。
寒い雨の中、体育館は冷え切っていて、最初はウルウルきていましたが、後半は早く終わって!と思うほど寒かったです(>_<)

たくさんの祝辞の中で心に残ったこと。

「中学卒業は義務教育からの卒業でもあります。
 これからは自分で選んで進んでいくことになります。」

これからの教育は義務ではない。
自ら望んで選んで受けることになる。
もちろん義務教育じゃなくたって、学校はそれなりに守ってくれるけど、退学になることもあるんですよね・・・

まだまだ自分で選んで進んでいくなんて、簡単には出来ない。
まだまだお父さんとお母さんがあなたを守っていきます。
でもいずれ、自らの考えで進んでいく時が来るのでしょう。
そうなって欲しいと思います。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-03-16 08:25 | たろうのこと | Comments(0)

感動して涙する

すでに1ヶ月経ってしまいましたが、花ちゃん元気にスキー教室から帰ってきました。
予定より少し遅れてバス到着!

「スキー楽しかった!スキー滑った!」と花ちゃん。
えっ?滑ったの?雪遊びのつもりでいたのに・・・

驚いていたら先生から報告が。
「花ちゃんもAちゃんもB君もスキー滑りましたよ。今日なんて3回もリフト乗りました。
 花ちゃん初めて滑れた時に『滑れた!』って言って泣いたんです。それを見てこちらまで感動してもらい泣きしちゃいました。」

怖いからスキー出来ないといっていた花。
雪だるま作って、雪合戦して、ソリで少し滑れたらそれでいいと思って送り出しました。
先生もそんな風に言ってたし。
でも実際は初日から板を履き、滑る練習をしたそうです。

きっとなかなかスキー靴や板に慣れず、苦労したんでしょう。
いったいどれくらい練習した後かはわかりませんが、ス~っと少し滑って。
どれだけうれしかったんでしょうか。
「滑れた!」と感動の涙。
その場に居られなかったのが悔しいくらいです。

あの表情の乏しかった子が感動して涙するまでに成長したのね。
先生の話を聞いて私まで思わず涙ぐんでしまいました。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-02-10 08:39 | はなちゃんのこと | Comments(0)

スキー教室

花ちゃん今朝7時、元気にスキー教室に出発しました!

太郎がスキー教室に行った2年前から「わたしスキー行かないの!」と言い張っていたのに、9月末旅行代金締め切り2日前になって急に「スキー行くの!」と言いだした。
先生方が一生懸命気持ちを盛り上げ、花を行く気にさせてくれました。
「スキー楽しみ♪」とまで言うように。

支援級4人のうち3人はゆっくりタイプの子なので、3人は同じスキー班。
普通はホテルからゲレンデまで10分くらい歩いて移動なのに、花たちは車。
実習も30分くらい早く切り上げ、ホテルでゆっくり過ごせるよう別プログラムを組んでくださいました。
「今回は」甘甘モードでいきます!『スキーに行かれた』事が大切だと思いますから。」
先生そんな風に仰いました。

雪だるま作って、雪合戦して、ソリで遊んで。
少しはスキー板履いて滑れたらいいね。

明後日「スキー楽しかった♪」って元気に帰って来てね!

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-01-13 09:59 | はなちゃんのこと | Comments(4)

親心か 親の勝手か

2日に日の出を見に海ほたるへ行きました。
元旦夕方「明日早起きして(2日だけど)初日の出を見に行こう!」と、お父さんが言いだしたときは冗談かと思った。
翌日5時過ぎに起こされ、本気だったんだ・・・と驚いたくらい。

初日の出ではないけど、海ほたるにはたくさんの人が日の出を見に来ていました。
ちょっと雲はあったけど、かえってその雲に朝日があたりオレンジ色に輝いて綺麗だったな~。

朝早く起こされたけど、綺麗なものを見られて私はそれなりに満足。
でも子どもたち・・・特に太郎にとっては迷惑以外の何物でもなかったらしい。
冬休みでいつもより夜更かししてテレビを見てるからほんとはもっとゆっくり寝ていたかったのに・・・
日の出もろくに見ずにふてくされてた・・・

帰りの車の中で「お父さん東京の街をすこしドライブしたいんだけどいいかな?」とお父さんが言ったら
「いやだ!帰りたい!」と太郎。
父「いいじゃないか~少しくらい。お父さんみんなに初日の出見せたくて頑張ったんだから!」
太郎「もっと寝てたかったのに朝から付き合ってあげたんだから、少しはこっちの気持ちもわかってよ!」
父「なんだ!その言い方は!親に向かって!もういい!帰る!」
・・・お父さん怒っちゃいました・・・

お父さんの気持ちもわかる。
家族みんなで綺麗な日の出を見て新年を祝いたかったんでしょう。
朝の都会をドライブして、車の少ない街並みを子どもたちに見せたかったのかも。
子どもたちにいろんな経験をさせてあげたい親心。
それなのに「付き合ってあげた」なんて言われて・・・

でも太郎の気持ちもよくわかる。
行きたいなんて一言も言ってないのに勝手に予定立てて連れ出しておいて!
僕は早く帰って寝たいんだ!
初日の出なんてどうでもいい!
太郎にしてみたらお父さんのわがままにつきあわされ迷惑・・・ってとこなんでしょう。

家に着いたら太郎も花もホントに寝ちゃいました。
(8時頃帰宅、お昼過ぎまで起きませんでした。)
お父さんはひとり怒ったまま近くのスーパー銭湯に朝湯に行き、そのまま夕方まで帰ってきませんでした。

正月2日から一人ぼっちの私って・・・
もやもやを抱えたままひとり箱根駅伝観てました・・・

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2016-01-07 15:31 | 家族 | Comments(0)

普通級から支援級に移った我が家は成功例!?

昨日花が小さい頃からお世話になった支援者の方とお話をする機会がありました。

名前は出さないけどね~幼児訓練会で話をするのよ!支援級に移って落ち着いてリーダーになってとても成長した子がいるって。
あの時支援級に移るって決断したことが〇家(我が家の子と)にとって成功だったね。
良く決断したね!

療育にかかわる方々に「良く決断したね。」とお褒めの言葉をいただく。
でもあの時それしか選択肢は無かったと思う。
そうでなければ不登校になり、引きこもり・・・そんな太郎を私は許せず、余計追い詰め・・・
想像したくもないです。

「支援級に移るって事も出来るんだよ。」教室に入れなくなっていた太郎にそう話した。
「今のクラスが好きだから行きたくない!」そう言っていた太郎が「はやく支援級に行きたい!」と泣きじゃくったのは3カ月くらい後だったかな。
支援級に移ってからは、本来の明るさを取り戻し、今までにはなかったリーダーシップまで身につけ、人間として成長した太郎。
確かに成功例なのかもしれません。

普通級から支援級に行くことは失敗ではありません。
落ちこぼれたわけでもありません。
その子の持った能力を発揮できる場を与えてあげることは[負け]ではないのです。

支援者の先生が「私も昔はなんとか言葉を尽くしてお母さんが考え直すよう(子どもに無理をさせないように)説得したもんだけど、歳かしらね~最近お母さんがそう思うなら(どうしても普通級に入れたいとか)もういいかな・・・ってあきらめるようになっちゃったわ~」って苦笑いをされてた。

正に10年前、私が花を年少から幼稚園に入れようとしていた暴挙を先生は必死に説得してくださった。
[太郎は幼稚園に入って伸びた!だから花も幼稚園に入れて同い年の集団に入れればいろいろな影響をうけて伸びるはず!]って思っていた私に「今花ちゃんに必要なのは同世代のお友達ではなく、信頼できる大人との一対一の関係!」と力説された先生。
療育センターの臨床心理士の先生にも同じことを言われ、[仕方ない・・・プロが2人して同じことを言うなら年少はあきらめよう・・・]と、しぶしぶ幼稚園をあきらめた私。
それから1年もせずに「あの時よく私を止めてくださいました。」と感謝したものです。

後輩ママ達が先生の忠告に耳を傾けることを願ってやみません。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-11-27 10:44 | 療育 | Comments(0)

Happy birthday to 花ちゃん

花ちゃん13歳のお誕生日おめでとう♪

この1年があなたにとって素晴らしいものになりますように。


毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-11-15 07:15 | はなちゃんのこと | Comments(0)

スライム

先日児童デイでスライムを作った花ちゃん。
いくつかのプログラムの中でスライムが一番楽しかったそう。

小さい頃はあんなに嫌いだったのにね~スライム。
感覚って変わるんだね。

療育センター通園クラスに通い始めて1カ月足らずの頃、課題がスライムで。
その日休みだったダンナが付き添い。
当時ベタベタするものが触れなくて。
スライムに触った途端大パニック!
ピンクのスライムがついた手でグリーンのシャツを着たダンナにつかみかかってきたそう・・・

「この手に着いたベタベタしたものを取って!!」
お話し出来たらそう言ったのかも。
まだしゃべれなかったから、「ぎゃーー!!」っと叫んでつかみかかるしか出来なかったんだろう。
「花ちゃん、落ち着いて!大丈夫だから!」と、根拠のない慰めの言葉をかけつつ、オロオロしながら花を落ち着かせようとするダンナの姿を思い出すと今でも笑える~って当時同じクラスだったママ友。
通園から帰ってきたときのダンナのシャツはピンクの手形がいっぱいで笑えた^m^

小さな頃苦手だったけど成長して大丈夫になった事と、小さい頃何ともなかったのに成長したが故に大丈夫じゃなくなったこと。
でも相対的に見て大丈夫になった方が多いかな。
確実に生活しやすくなっていますから。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-11-10 13:47 | はなちゃんのこと | Comments(0)

最近休みが多いぞ・・・

そろそろ学校に行く支度をする時間。
「お母さん 気持ち悪い・・・」

・・・先週もそんなこと言って休んだよね・・・
昨日は元気に友達の家に遊びに行ったのにね・・・

仮病ではないんだろうけど。
精神的なものだと思うんだよね~
(たいてい1~2時間寝て、起きてくると元気になっている。勿論学校はお休み(-_-;))

なにか不安なことがあるのかな。
来週合唱祭&文化祭なので、きっとそれがらみでしょう。

不安の種は支援級か?それとも交流級か?

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-10-19 08:17 | たろうのこと | Comments(2)

Happy birthday to 太郎♪

太郎君 15歳のお誕生日おめでとう♪

これからの1年が君にとって良い年でありますように。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-10-13 23:38 | たろうのこと | Comments(0)

普通級か 支援級か

娘が療育センターに通っていた頃の勉強会で講師の先生が仰った話です。
小学校進学を控え、普通級か支援級か悩んでいらっしゃる方の参考になれば。

「普通級か支援級か悩んでいるなら、IQを-20して考えてみてください。
 たとえばIQ90だとしてー20するとIQ70。
 IQ70だったら軽度知的障害です。
 自閉症スペクトラムの子が普通級で授業についていくということはそれくらい大変なことなんです。
 お子さんに無理をさせないことです。」

その話を聞いた時太郎はすでに小学校に入学していました。
教育委員会の判定は普通級でした。
当時のIQは100ちょっとくらい。
~-20引いても境界域だから普通級!~
そんな風に思ったのをいまでも覚えています。

もうちょっと頑張れば・・・そんな思いで太郎を引っ張っていたと思います。
でも太郎は頑張っていたのです。
それ以上はもう頑張れないくらいぎりぎり頑張っていたのです。
とうとう頑張れなくなって、本当に学校に行かれなくなったのは小学校5年生の時。
5年の後期から支援級に移り、太郎は成長しました。

普通級がすべてではありません。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-10-07 15:55 | 学校 | Comments(4)

“失敗は成功のもと”ではない!

“失敗は成功のもと”ではありません。
この子たち(自閉スペクトラム症の子たち)は失敗からは学ばないから!

ある講演会で講師の先生が仰ってました。
太郎と花を育ててきて、その通りだな~って思います。

~今回これで失敗したから次はこうしてみよう~そんな風に考えられるなら、そもそも自閉症の診断なんてついてないでしょう。

小さな成功体験の積み重ね。
それが大事です。

「親がいつまでも手をかけてたら、自分で出来るようにならないから」と話すお母さんがいらっしゃいますが、自分の力でキチンと出来る前に手を離してしまったら、いつまで経ったって出来るようになりませんから。

いつまで経っても出来ないことは、きっと障害所以の事でしょうから、一生手をかけるつもりでいてあげてください。
いくら頑張っても出来ないから障害なんです。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-09-24 11:55 | 療育 | Comments(0)

不安の種は変わらない

金曜日気持ち悪くて学校を休み
土日は元気に部活に行き
月曜日またも気持ち悪くて早退し
火曜日やっぱり学校を休み・・・

まったく何やってんだか・・・

それでも月曜日の夕方話してくれました。
「お母さん、気持ち悪いのはホントなんだけど・・・合唱祭の練習が・・・」
「不安なの?」
「うん・・・9月の初めに休んだり、支援級の行事で行かれないうちに練習始ってて、僕が行った時パートもわかんないし、どこに並べばいいのかもわかんないし、パートリーダーもわかんないし・・・」
・・・「僕はどこに入ればいいの?」ってクラスメートに聞けばいいのに・・・と、思ったけど、そんなこと聞けるようなら支援級に移ってなかった太郎君。
「そうか~。それは不安だったね。じゃあどうすればいいかな。明日連絡帳に書く?それとも一緒に学校行って交流級の先生に聞いてみようか?」と、提案してみたら、[一緒に学校に行く]を選んだのでそのつもりでいたけど、火曜日本人が学校に行かれなかったので仕方なく支援級の先生宛に交流級の先生に確認してくれるよう手紙を書いた。

花が先生からの返事を持って帰ってくれたので読んでみると・・・
「太郎君のクラスは練習が遅れていてまだパート分けが済んでいないそうです。太郎君はテノールで大丈夫です。リーダーはAさんとBさんです。」
その手紙を太郎に読ませるとほっとしたように笑顔になった。
水曜日は何事もなかったかのように元気に学校へ行った。

不安の種はいくつになっても変わらない。
ちょっと聞いちゃえば済んだのに、それが聞けずに不安になる。
不安で学校を休む。
休むから余計わからなくなり不安は大きくなるばかり。

でも太郎は話してくれるからいい。
[お母さんに話せば大丈夫]きっと太郎の中にそういう思いがあるから。
何かトラブルがある度言い聞かせてきた。
「何か不安なことや困ったことがあったら話してね。話してくれないと何があったのかわからないから。話してくれたら助けるから。必ずお父さんとお母さんがあなたを守るから。」

そろそろ親以外に相談できる人を見つける時期だよね・・・と思うけど、まだまだ母が頼りの太郎君なのでした。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-09-18 16:26 | たろうのこと | Comments(0)

長靴を履かないので・・・

雨続きの今日この頃・・・
いまどきの中学生、長靴なんて履かないので毎日スニーカーびしょびしょ・・・
おかげで毎日太郎のスニーカー洗ってます(-_-;)
花は長靴をはいてくれるので、(レインコートも着ていく)靴は無事!
中学の下駄箱見に行ったら、長靴が入ってるのなんて支援級の下駄箱くらいでしょう。

いまどきの中学生どころかいまどきの小学生だって長靴履いてるのなんて低学年まででしょうか。
太郎が長靴履かなくなったのも2年生。
・・・登校班の上級生にからかわれたらしい・・・(-_-;)
上級生だけでなく、同級生だって3年生くらいになると「長靴履いてる~~~」ってからかったりするし。

なんでからかうのかが理解不能!
子供っぽいって思うのかな。
靴びしょびしょにして歩いてるのなんて、別に全然カッコ良くないのにね。
土砂降りの雨の中スニーカーで登校し、びしょびしょの靴下気持ち悪くないのかな・・・

太郎は替えの靴下を持っていきます。
神経質なので濡れた靴下で上履き履くなんて出来ませんから。
濡れた靴下のまま平気で上履き履いちゃう子もいれば、裸足で上履き履く子もいたな~。

親御さんはどうして替えの靴下持たせないんでしょうかね・・・
子どもが持っていくのをめんどくさがるのかな・・・
太郎なんて部活朝練の雨の日なんて替えの靴下3足くらい持っていくけどね。
・・・おかげで昨日は太郎の靴下だけで4足干しましたけど・・・(^_^;)

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-09-10 13:06 | 日常 | Comments(0)

降参・・・orz・・・

高校入試に向けて急に勉強が難しくなった太郎。

太郎が受験するのは高等専修学校。
高校生が行く専門学校って感じでしょうか。
「よくサポート校と一緒にされますが、全然違います!サポート校は塾みたいなもの。高等専修学校はちゃんと都道府県知事の認可を受けた学校法人が運営しています!」と説明会で力説されてました。

一応英語・国語・数学の試験があります。
親切なことに入試問題のサンプルをくださいました。
試験の出来不出来で合否が決まるわけではありません。
入学後の習熟度別クラス分けの資料にするそうです。

だからといって全然やったことのない問題ばかり入試で出たらパニック起こしそうなので、学校で試験対策に入りました。
数学は中1で止まっている太郎君。
いきなり方程式や平方根をやることに!
頭の中大混乱中です(@_@;)

もっと混乱しているのは私(@_@;)(@_@;)
「お母さん、宿題教えて!」と言われプリントを見て(@_@;)
まず設問の言葉がわからない・・・
素因数分解って?
無理数って?・・・etc.

「教科書持って帰ってきて!」と頼んだら、なんと3年の数学の教科書持ってないんだって!
で、先生がその部分をコピー取ってくださったけど・・・読んでも全然頭に入らない(@_@;)
・・・学生の頃数学得意だったんだけどな・・・

「お母さん降参!わからないところは先生に聞いて!」
とうとう昨日降参しました・・・orz・・・

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-09-07 07:52 | たろうのこと | Comments(0)

今回のことで思ったこと 気になったこと

花は本来知らない人にだって自分から「こんにちは!」とあいさつ出来る明るい子です。
それが今回固まってしまい式場に入れず、軒下で雨宿りすることとなり、なんでかな~って考えてました。

多分ですが、自分があいさつするよりも先に大勢の人に話しかけられたからだと思います。
早めに式場に着き、パラパラ到着する人たちに「こんばんは!」と自分からあいさつしてたら、たとえその度に「大きくなったね~!」と、大げさに言われても大丈夫だったかも。

突然大勢の人にいろんなことを言われて混乱・・・
そういえば太郎も小さい頃そうだったな・・・なんて思いだしたりもしました。
まだ太郎が幼稚園くらいの頃だけど、やっぱり控室にも入れず、法事の読経も本堂前の階段で聞いたっけ。

そんな事を思い出して、私って学習能力無いな~って思った・・・
もっと私が先のことを考えて行動していたら、花はパニックを起こさず済んだだろうにって。


気になったこと。
故人にはお孫さんが何人もいらっしゃるんだけど、お通夜の最中ひとり足りないことに気がついた。
お姉ちゃんも妹もいるのに、真ん中の子がいない。
多分小学4~5年生。

お通夜を途中退席することになり、式場の外に出たら、軒下でパイプ椅子にすわり、DSをしている男の子。
中にいないと思ったら、外でゲームしてた・・・
おばあちゃんのお通夜なのにゲーム?
翌日告別式の時はどこにも姿が無く・・・
出棺の時やっと現れた。(どうもずっと車の中でゲームしていたらしい・・・)
精進おとしの最後お父さんがあいさつしている時もずっとゲームしてた。
(その子より小さい子たちでさえ、その場はおとなしく聞いていたのにもかかわらず・・・)

話している様子を見るとごく普通に見えるけど、小4~5の子のその態度を親族一同誰も注意しないところをみると、もしかしたらなにか発達障害あるのかな・・・と思った。

花は二言三言話せば知的障害があることがわかるので、お通夜の席に入れなくても、途中退場しても多分皆さん仕方ないと思ったか、かわいそうにと憐れまれたか、こんな席に連れてくるなと思われたか・・・

でもあの子はどうだったんだろう。
無理させて不機嫌に怒ったりしたら困るものね。
親の判断は正しかったんだと思います。
でも事情を知らない人たちの目にはどう映ったのでしょう。
躾けの悪い、わがままな子として映ったのでしょうか。
それとも花同様きっと障害がある?と思われたでしょうか。

あの子が気になったのは太郎の事があるから。
太郎もああいう席が苦手で、途中退席したことあったから。
(幼児の時読経を聞けなかったのが1回。小5の時精進おとしの席を途中退場したことが1回。)
あの時まわりの人たちはどんな風に思ったのかな。

そんな太郎も今回は最初から最後まで中学生らしくこなしていました。
「大きくなったね~」
「あ、はい。」
「何年になったの?」
「中学3年です。」
と、ちゃんと受け答えしてました。
式場に入れない花を連れ散歩もしてくれました。

きっとあの子もあと何年かしたら落ち着いて参加できるようになるかもしれません。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-09-03 09:46 | はなちゃんのこと | Comments(2)

お通夜にて・・・

先日親戚のお通夜での事。

「なむなむ行くよ。」と花に伝えました。
「なむなむ」とはお経を聞くことや、お墓参りに行くことと、花は理解しています。

ちょっと遠い場所だったので、余裕を持って早めに出発し、1時間半ほど早く到着。
そんなに早くお寺に着いてもお通夜が始まる前に飽きちゃうだろうからと、近くのファミレスで1時間ほど時間つぶし。
食べるために生きてるような花ちゃんにとってファミレスは天国♪

開始時刻20分くらい前にお寺に到着。
「遠いところをありがとうございます。」
「ひさしぶりだね~」
「おおきくなったね~~」
いきなり大勢の知らない人(初めて会ったわけではないけど、3~4年はあってない親戚の方々)にいろんなことを言われ、花ちゃん固まってしまいました・・・

私にしがみつき小さい声で「知らない」「帰る」「入らない」と、式場に入ることを拒否!
びっくりしちゃったんだね。
お母さん一緒だから大丈夫だよ
なだめてみたけど首を横に振りながらしがみついてくるので、しばらく外で落ち着くのを待つことに。

小雨降る中、私の手を車の方に放り投げるように引っ張る花。
良かれと思ったファミレスでの時間つぶし。
失敗でした・・・
人が少ないうちに会場に入り、後から少しずつ増えていく分にはたぶん大丈夫。
遅く行ったせいで、すでにたくさんの人がいる場所に入っていくことになり、パニックを起こしてしまいました。

しばらく経ったら「お姫様見に行く」と言いだした花。
お寺にお姫様?
花が手を引く方に歩いて行ったら観音様がいらっしゃいました。
かなり大きなお寺だったので、しばらく境内を散策。
だんだん落ち着いていった花。
式場に戻り、今度は太郎とお散歩。
太郎と一緒に一回りしたら機嫌が直り、なんとか式場に入ることが出来ました。

「はな しないの!」小さい声でお焼香を拒否!
「いいよ。お母さんしてくるから待っててね。」
私がお焼香をしている間おとなしく座っていられました。

長いお通夜のお経を聞いているのは無理だろうということで、途中退座。
二人でお寺の前のスーパーを観て回ったり、お寺のお庭を散策したりして過ごしました。

食べるために生きている花ちゃん。
あんなにお通夜は嫌がったのに、通夜ふるまいには誰よりも先に席に着こうとしてました(^_^;)
おいしいお寿司をたくさん食べてご機嫌。

たぶん花の中でお通夜はいやなことではなく、美味しい事として記憶されたのでは・・・
これからの人生で通夜・告別式に出席する機会は何回もあると思います。
[知らない人がいっぱいで不安なこと]ではなく、[おとなしく待ったら美味しいものが食べられる]と思ってくれたらそれでいい。

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-09-02 13:38 | その他 | Comments(0)

夏休み終了~~~!

今日から2学期始りました^^

夏休みの宿題、花も太郎も同じ量ありました。
勿論内容は本人に合わせたのもですが・・・
国語&数学プリント39枚(土日含めて1日1枚)
ラジオ体操1日1回、
1行日記
マラソン1日1周(1周600メートル換算)
料理
書きだしたら結構な量ですね~~~

花ちゃんは流石自閉症!
毎日1枚ずつプリントをこなしました。
やらない日もなければ2枚やる日もなし。
なんて規則正しいのでしょう!

それに比べて太郎君・・・
まずは好きな問題(もしくは出来る問題)からやり始めました。
夏休みの途中で確認したらあちこち空欄がいっぱい!
夏休みの後半で残りを必死に片づけてました(^_^;)
・・・チェックミスでやり残しがあるんじゃないかと心配・・・

学校大好きな花ちゃんは新学期が始まり喜んでいます\(^o^)/
一方太郎はあと1~2カ月夏休みだったら・・・というタイプ(-_-;)
こういうところはほんとに普通の子だな・・・

勿論私は学校が始まり\(^o^)/

毎日頑張るたろう&はなちゃんに応援のクリックを♪ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]

# by tarotohanachan | 2015-08-27 09:00 | ふたりのこと | Comments(0)